ウォーターサーバー口コミ比較ランキング 家族やお客様の健康に良いおすすめ商品を紹介!

  • 2015/1/26

ようこそ、いらっしゃいませ! サイト運営者のたろ~と申します。

当サイトでは、コストや利便性など色々な視点から適したウォーターサーバーをご紹介しています。

その中でも特に、家族や職場の皆様・お店のお客様の健康を第一と考え、

愛する家族や会社の仲間、普段お世話になっているお客様に

より健康な生活をおくって頂くために適したウォーターサーバーを紹介しています。

ウォーターサーバーが特に近年注目を集めるようになった背景に触れ、健康の観点から安心安全においしい水が飲める、おすすめのウォーターサーバーの特徴をご説明します。

ウォーターサーバー:珍しいものからよく見られる光景に

「ウォーターサーバー」という言葉を聞いてハッキリとはわからないまでも、何となくイメージできる人は多いでしょう。

病院やクリニック、あるいは美容室やスポーツジムといった所でよく目にするアレです。

一般的には筒状の形をした透明の貯水タンク内に水が入っていて、そこから紙コップなどを使い、水を出して飲んでいきます。

冷たいお水だけでなく、お湯も出ますので寒い時期や体を冷やしたくない時にも便利ですね。形状的にはスーパーに置いてある無料の水を汲む機器とも似ていますが、中身は全然違います。

ここでは詳しい解説はしませんが、ウォーターサーバーは入っているミネラルウオーターにも大きな違いがあるのです。

病院や美容室といった健康や美容に関係が深い所に多くありますが、会社勤めの人は職場にあるという場合も多いでしょう。このようにお店や企業に数多く設置されているウォーターサーバーは、現在家庭での導入も広がっています。

家庭利用はどのぐらい進んでいる?

では実際に家庭でどのぐらいウォーターサーバーの導入があるのでしょうか。数年前のいくつかの調査を見てみると、だいたい10%弱の家庭で導入、あるいは導入経験があるといったデータがありました。

法人向けのもののようなイメージがするウォーターサーバーですが、設置スペースが必要なものの特に面倒な手間もないため、実は導入に大きな障害は少ないのです。

それで安心できる水を毎日使う事ができるのですから、人気も高まってくるという訳です。

またスーパーで貰ってくる水のように自分で運ぶのではなく宅配で届けてくれますので、重い水を頻繁に自分で運ぶといった苦労からも開放されます。

震災以降に家族の安心・安全のために導入がより広がる

ウォーターサーバーは特に赤ちゃんや小さなお子さんがいる家庭での注目が高まっています。

飲用、調理用問わずやはり大切な子どもたちには安心できるものを口にしてもらいたいですからね。

ちょっと喉の渇きを潤したい時に気軽に汲めて、しかも必要に応じてお湯も選べるというのも便利な点です。

こうしたウォーターサーバーの家庭利用は、東日本大震災後にいっそう広がってきました。もちろん飲料水の備蓄という面もありますが、震災以降は直接被害にあっていない地域でも水不足などの影響が出ました。

そこで安心できるものをなるべく普段から確保しておきたいという意識が、この伸びにつながっているのでしょう。

中の水がポイント

ウォーターサーバーは言葉の意味では水、またはお湯を出す機器の事ですが、通常はそこにセットされた水と一緒に考えますね。

そう、まさに中の水こそがポイントなのです。

通常の家電製品、炊飯器、冷蔵庫、あるいは電子レンジ。そういったものは中身は毎日で調理していくものを入れていきますが、ウォーターサーバーは水とセットですから機器よりも水の方を重視して選んでいきます。

そんなウォーターサーバーにセットする水、いくつかの種類に分かれている事をご存知でしょうか。

大きく分けると「天然水」と「ピュアウォーター」です。

これからウォーターサーバー選びのポイントになってくるこの二つを、ウォーターサーバー選びという観点で見ていきたいと思います。

なおミネラルウォーターという言葉もご存知の方は大勢いらっしゃるでしょう。厳密に言うと天然水=ミネラルウォーターではないのですが、ここではそう解釈してもらっていて構いません。

選ぶ前にハッキリさせておきたい事

ウォーターサーバーを入れてみようかと考えた時、そこには何らかの「目的」が存在すると思います。

ウォーターサーバーの水を天然水にするかピュアウォーターにするか。

それを考える時にまさにポイントとなるのがここです。

いろいろ調べていくと迷います。

また紹介の仕方によってはどちらかのメリットを強調して、何となくそちらに流されていってしまうなんていう事もあり得ます。

そうなると(何か違うなあ・・・)なんて事にもなりかねません。

美味しさか健康か

ウォーターサーバーを入れようと思ったきっかけ、それがまず「水の美味しさ」であれば天然水の方をオススメします。

自然の恵みである天然水は、独自の味わいがあるからです。

ただし味覚ですから合う合わない、好みがあります。

天然水は取水場所によってまるで違うものですから、できれば試飲をして味のチェックをしておきたいですね。

味と言っても料理に使うとなれば、どちらかと言えばピュアウォーターがオススメです。

何故なら無味無臭で個性を出さないのがこの水の特徴だからです。

さて「健康」を目的にした場合は少し迷います。

どちらかと言えば天然水となるでしょうが、味と同じく含まれるミネラルによって効果が違ってくるからです。

また赤ちゃんがいる家庭ではピュアウォーターの方がオススメなど、家族構成によっても見極めるポイントが変わってきますので、注意深く比較したいものです。

ウォーターサーバー導入のメリットは?

ウォーターサーバーを導入するという家庭が増えているようです。

日本は水がタダ、と言うのは昔の話になったのかもしれませんが、未だ圧倒的に多いのはデータで見るウォーターサーバーで客観的なデータとして紹介したように水道水です。

しかしそんな中でなぜわざわざお金を払って(厳密に言えば水道水はタダではないのですが)、ウォーターサーバーを導入しているのでしょうか。

そこには何がしかのメリットがあるはずです。

ですので、まずはその良い点を挙げてみたいと思います。

まずは「美味しい水が飲める」という声がよく聞かれます。

これは水が健康、あるいは美容やダイエットに良いというのと無関係ではないと思われます。

いやむしろこうした知識が出たために、水の美味しさにこだわりたいという人が増えたのでしょう。

何故なら健康も美容もダイエットも、みんな続けなければ意味がないからです。

水を数日か飲んで成果が出る、なんて事はありません。

毎日続けて飲むものだったら美味しくないと、というのが水に味を求めてウォーターサーバー導入につながっているのだと思われます。

比べてみてのメリット

さらに購入する手間が無い、あるいは重いものを持ち運びしなくても良いという意見もよく聞かれます。

これらは比べてのものでしょう。何と比べているかと言えば、市販のミネラルウォーターだったりスーパーで無料で配られている水であったりです。

またウォーターサーバーは小さな子ども、赤ちゃんに安心できるものをという事で入れている場合も多くあります。

逆にお年寄りが病気で普通の水だと良くない場合もしかりです。

そうなってくると買い物ついでにお水を、というのもなかなかできにくいものです。そんな時に宅配形式のウォーターサーバーは便利です。

また便利と言えばお湯が出るというのもメリットを感じる人が多いようです。

日常の中でちょっと飲むためのお湯が必要、という機会は案外多いのですね。もちろんウォーターサーバーの安心感に魅かれる人も大勢います。

デメリットはやっぱりお金

さてそんな便利なウォーターサーバーにも、やっぱりデメリットはあります。

一番はもちろんお金です。

水にお金を、という意識にはなかなか日本だとなりにくい家庭もまだまだ多いものです。

また機器を設置する訳ですから設置スペースの確保も必要です。

また音が気になるなどの声も。導入の際には細かな点も含めて、よく確認しておきたいですね。

水はどこでも同じ?

「水なんて、どこでも同じでしょ」。こんな言葉は恐らくはウォーターサーバーの導入を考えている人の口からは聞かれないだろう、と思います。

水道水ならいざ知らず、ウォーターサーバーは有料です。

そうであればコストはとても大切です。値段で比較は絶対にしますね。

しかしちょっと待ってください。

ただ安いからといって決めるのならば、わざわざお金を払ってまで入れる必要はないのでは? コストの前に、目的に最大限に合うウォーターサーバーを選びたいものですね。

中の水が最大のポイント

ウォーターサーバー選びでは、やはり中の水が最大のポイントになってきます。

目的に対しての効果的かどうかは、ここが握っているからです。

水の種類としては大きく分けると「天然水」と「RO水」とに分かれます。

天然水はミネラルウォーターと同一として考えても良いですが、ウォーターサーバーを考える時は天然水という表現の方が多くされているようですので、こちらの名前で憶えておきましょう。

RO水は「ピュアウォーター」といった表現もされます。こちらのサイトでもピュアウォーターについてといった形で詳しく紹介していますが、ウォーターサーバーを選ぶ場合はRO水という名前の方が多く使われているようです。

これについては同じ種類の水です。ウォーターサーバーの水でそれぞれの特徴と役割とを紹介していますので、そちらもご覧ください。

毎日使うものだから、利便性も選び方のポイント

さて次にはコスト・・・ではなく、意外と多くポイントとして挙げられているのがメンテナンスなどの利便性です。

機器自体は業者の範疇になりますが、ここでポイントとなるのは水を入れるボトルについてです。

ウォーターサーバーのデメリットとしても挙げられるのが設置スペースの確保ですが、意外と気にされないのが回収されるまでのボトルの保管です。

何か大きなものを購入して中身を取り出した後に、梱包されていたダンボール箱をそのままにしておくとかさ張ってスペースを取ってしまいますね。

そのイメージですが、ウォーターサーバーの場合は空になったボトルにこの悩みが発生します。

回収タイプのものだとそれを保管しておくスペースが別途必要となるのです。

それを解消したい場合は、小さくつぶせるワンウェイボトルがオススメになります。

他にも室内に設置するものですから、最近の家庭用にはデザインの凝ったものも人気が高まっています。

実目的に利便性、そしてインテリア性なども踏まえて選択していきましょう。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 女性の美しさを支えているアイテムのひとつに、お化粧品があります。 一般的には適齢期になった頃か…
  2. みずみずしい子ども達の体 ツヤのあるお肌を“みずみずしい”と表現しますね。適齢期を過ぎれば優れ…
  3. ようこそ、いらっしゃいませ! サイト運営者のたろ~と申します。 当サイトでは、コストや利便性な…

おすすめ記事

  1. オーストラリアは、世界一乾燥した大陸とも言われており、慢性的な水不足の問題を抱える地域の一つで、生活…
  2. ヨーロッパの国々では水道設備が普及しており、水資源にも恵まれているため、綺麗で安全な水を利用すること…
  3. 兵庫県の六甲山から採取される六甲の美味しい水は、長年にわたって美味しいミネラルウォーターとして親しま…
ページ上部へ戻る