使い勝手の良い携帯水素水サーバー ポケットについて

  • 2015/5/10

毎日、水素水を飲みたいという人には「水素水サーバー」を購入することをお勧めしますが、自宅で飲むのには優れていますが持ち運ぶとなるとどうしても水素濃度を維持することができません。

どんな保存方法でも出来立てに比べればどうしても水素は抜けてしまいます。

そこで紹介したいのが、持ち運び可能な携帯水素水サーバー「ポケット」です。

外出先で出来たての水素水が飲める

水素水は主に「市販品」と「自宅で作るタイプ」に分けることができ、市販品の場合は水素濃度を維持したまま持ち運び可能なのですが1本あたりの値段が高めになります。

対して自宅で作るタイプの場合はコストパフォーマンスが良いのですが持ち運びには適しません。

スティックタイプであれば持ち運びも容易ですが、安定した水素濃度の水素水は楽しむことができません。

とは言え、大きくて重い水素水サーバーでは持ち運ぶことは容易ではありません。外出先で出来たての水素水を飲むことができれば良いと考えた人は少なくないはずです。

水素水サーバー「ポケット」は持ち運べるサイズの水素水サーバーで、外出先で出来たての水素水を飲むことができます。

しかも充電式なので、外出先で電源を必要としません。特にスポーツやアウトドアなど、野外で水素水を飲みたいという場合に最適です。

従来品に比べて使い勝手が良い

ポケット発売以前より、携帯水素水サーバーはいくつか商品化されていました。しかし、従来品は

「横に倒すと水漏れする」

「分解できないから洗いにくい」

「充電の効率が悪い」

といった数多くの使い勝手の悪さがありました。ポケットはその点を克服しています。まず、ネジ蓋方式によってしっかりと密閉することができ、持ち運びの際にモズ漏れする心配はありません。

次に、ポケットは簡単に分解することができるので、パーツごとに洗うことができて清潔を保つことができます。機械部分に水が残って故障の原因になる心配もありません。

さらに、ポケットは1回3時間の充電で40回~50回分の水素水が作れるので、何回も充電をしなければならないということもありません。

これらの点は筆者の中ではかなり評価が高いです。やはり長く使うにあたっては使い勝手の良さが何よりも大切ですから、これだけ使用者の視点に立っている改良は評価に値します。

コストパフォーマンスが良い

水素水サーバーの最大のメリットは「コストパフォーマンス」の高さです。

特に医療目的や健康目的のために飲み続けたいという人は市販品を購入するよりも安上がりです。

ポケットの場合、ランニングコストは「充電の電気代」であると言えますが、1回の充電にかかる電気代はなんと「2円」です。

2円で40回~50回の水素水を作れるのですから、コストパフォーマンスはかなり高いと言えます。

水道水を使う以外にも、スポーツドリンクなどを水素水にするのにも良いのではないでしょうか。

ランニングコストが安いので、水素入りにする飲料の方にお金をかけても問題ないと言えます。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 女性の美しさを支えているアイテムのひとつに、お化粧品があります。 一般的には適齢期になった頃か…
  2. みずみずしい子ども達の体 ツヤのあるお肌を“みずみずしい”と表現しますね。適齢期を過ぎれば優れ…
  3. ようこそ、いらっしゃいませ! サイト運営者のたろ~と申します。 当サイトでは、コストや利便性な…

おすすめ記事

  1. オーストラリアは、世界一乾燥した大陸とも言われており、慢性的な水不足の問題を抱える地域の一つで、生活…
  2. ヨーロッパの国々では水道設備が普及しており、水資源にも恵まれているため、綺麗で安全な水を利用すること…
  3. 兵庫県の六甲山から採取される六甲の美味しい水は、長年にわたって美味しいミネラルウォーターとして親しま…
ページ上部へ戻る