高濃度ナノ水素水「仙寿の水」について

  • 2015/5/1

活性酸素を除去できるという点が注目され、水素水の評価は日増しに高まっています。

その結果、現在では数多くのメーカーが水素水を扱うようになったのですが、数が多い分、選ぶのが大変になってしまいました。

そこで今回は、そんな水素水の1つである「仙寿の水」について解説していきたいと思います。

マイクロ・ナノバブル製法

仙寿の水の最大の特徴は、「マイクロ・ナノバブル製法」を採用している点です。

水素水は水素ガスを充填することで製造されるのですが、通常の気泡は約1mmのサイズなのに対して、マイクロ・ナノバブル製法ではその100分の1のサイズである10μmの小さな気泡を使用しています。

こうすることで水素が水に溶けやすくなり、高濃度の水素を体に取り入れやすい状態にしています。

1.6ppmの高濃度

仙寿の水は、水素濃度1.6ppmの高さを誇っています。

水素は体で活性酸素と結びついて無害な水に変わるのですが、その結果水素も消費されてしまいます。つまり、多くの活性酸素を除去したいと思うのであれば、それだけ多くの水素を体に取り込む必要があります。

水素は体内で消費されなかった分はそのまま体の外に排出されるので、何かしら副作用が起こることもありません。

栄養の中には過剰摂取によって体に悪い影響を与えるものもありますが、水素の場合はその心配はありません。要するに、濃度の高い水素水ほど魅力的であるということになります。

また、四層構造のアルミパウチを使用することによて水素が抜けてしまわないようになっています。

さらに、一般的に多いとされている「充填前殺菌」という殺菌手法ではなく、「充填後殺菌処理」という殺菌方法を行うことによって、本来は水に溶けにくい水素分を余すところなく、非常い高い濃度で溶け込ませることが可能になっています。

霧島山水系の天然水を使用

仙寿の水には九州南部に広がる霧島連山の天然水が使用されています。

長い年月をかけて磨かれた天然水には、程よいミネラル分が含まれています。その硬度は約54mg/Lの軟水となっています。

さらに、日本の天然水では珍しい「サルフェート」という成分を豊富に含んでいます。サルフェートはヨーロッパ産のミネラルウォーターに含まれている成分で、体内の有害物質の排出や新陳代謝の活性化に効果があるとされています。

飲みきれるサイズ

仙寿の水は250mlの飲みきりサイズとなっています。先程も述べたとおり、水素は拡散しやすい気体であり、ペットボトル程度では未開封でも抜けてしまいます。

アルミパウチでも一度開封してしまえば長期保存には適さず、空気を抜いてキャップを閉めても次第に水素が抜けてしまいます。

仙寿の水は250mlという、一般的な缶飲料よりも少ない容量であり、一度に飲みきれる量となっているので飲みかけになることがなく、水素が抜けてしまう心配がありません。

また、鮮度へのこだわりも大きく、賞味期限は90日と厳格に定められています。もちろん、厳しい検査を経て出荷されているので安全性の心配もありません。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 女性の美しさを支えているアイテムのひとつに、お化粧品があります。 一般的には適齢期になった頃か…
  2. みずみずしい子ども達の体 ツヤのあるお肌を“みずみずしい”と表現しますね。適齢期を過ぎれば優れ…
  3. ようこそ、いらっしゃいませ! サイト運営者のたろ~と申します。 当サイトでは、コストや利便性な…

おすすめ記事

  1. オーストラリアは、世界一乾燥した大陸とも言われており、慢性的な水不足の問題を抱える地域の一つで、生活…
  2. ヨーロッパの国々では水道設備が普及しており、水資源にも恵まれているため、綺麗で安全な水を利用すること…
  3. 兵庫県の六甲山から採取される六甲の美味しい水は、長年にわたって美味しいミネラルウォーターとして親しま…
ページ上部へ戻る