名前からも良くわかる「水素たっぷりのおいしい水」について

  • 2015/5/1

美容や健康を損なう原因、その多くは「活性酸素」によるものだということは既に多くの人がご存知でしょう。

その除去のために水素が有効であるということが最近になって注目され、それを手軽に摂取できる「水素水」が流行っています。今回は、そんな水素水の一つである「水素たっぷりのおいしい水」について解説していきます。

業界トップクラスの水素濃度と還元電位

水素水が体に良いとされる理由は、水素が活性酸素を無害な水に変える力があるからです。

しかし、活性酸素を除去するにあたっては水素を消費するので、少しでも水素が入っていれば体に良いというわけではありません。

水素たっぷりのおいしい水は業界でも高い水準の水素濃度と、体のサビを取り除く力である「還元力」の高さを誇っています。せっかく健康や美容のために飲むのですから、確かな品質の水素水を飲みたいですよね。

筆者もこういったものには値段よりも品質を重視していますから、水素たっぷりのおいしい水には魅力を感じています。

水素ガスの注入においては、より水に溶けやすい「マイクロバブル」が利用されています。

飲みきりタイプで水素が抜ける心配がない

例えば、大容量の炭酸水を購入したとすると、一人では飲みきるのに何日も掛かってしまいます。

しかし、そうすると数日後には炭酸がかなり抜けていて、何日も開封時の炭酸の爽快感は味わえませんよね。

水素水の場合はさらに深刻で、極めて小さい水素分子はちょっとした隙間から直ぐに抜け出してしまいます。水素たっぷりのおいしい水には水素の抜けにくいアルミパウチが使用されていますが、飲み残しがある場合はキャップを閉めて保存できてもそこからかなりの水素が抜けてしまいます。

水素濃度が低くなると水素による活性酸素の除去も不完全に終わりかねず、せっかくの水素水の良さを味わうことができません。

問題となるのは開封してからの時間経過、ならば飲み残すことなく、開けたらその場で飲み切れば良いのです。

水素たっぷりのおいしい水は300mlという市販の缶ジュースよりも少ない容量で、開けたその場で飲みきれる容量となっています。もちろん、キャップを閉めれば保存することもできますが、できるだけ水素が抜ける前に飲みきってしまいたいですね。

名水百選に選ばれた天然地下水を使用

水素たっぷりのおいしい水には、日本名水百選「寂地川」を源流とする水が使われています。

この水が湧く山口県錦町は、蛍の故郷としても古くから多くの人に親しまれています。

豊かな自然と清冽な水があふれる、水素水として理想的な天然水で作られた水素たっぷりのおいしい水は、多くにユーザーから愛されています。

創業55年の品質に対する絶対的な自信

水素たっぷりのおいしい水は「メロディアン」という、創業55年のメーカーが製造・販売しています。

品質保証の国際規格FSSC22000の認証工場にて徹底された品質管理の元、安全安心の水素水が製造されています。

増設された専用ラインで水素水を充填し、徹底した濃度検査と高濃度維持のための冷房保管、製造から48時間以内の発送によって高い品質の水素水が消費者の手元に届きます。

創業55年の長い年月が培った、品質に対する絶対的な自信が、消費者の満足する高い品質の水素水を世に送り出しているのです。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 女性の美しさを支えているアイテムのひとつに、お化粧品があります。 一般的には適齢期になった頃か…
  2. みずみずしい子ども達の体 ツヤのあるお肌を“みずみずしい”と表現しますね。適齢期を過ぎれば優れ…
  3. ようこそ、いらっしゃいませ! サイト運営者のたろ~と申します。 当サイトでは、コストや利便性な…

おすすめ記事

  1. オーストラリアは、世界一乾燥した大陸とも言われており、慢性的な水不足の問題を抱える地域の一つで、生活…
  2. ヨーロッパの国々では水道設備が普及しており、水資源にも恵まれているため、綺麗で安全な水を利用すること…
  3. 兵庫県の六甲山から採取される六甲の美味しい水は、長年にわたって美味しいミネラルウォーターとして親しま…
ページ上部へ戻る