名は体を表す!「水素豊富水」について

  • 2015/5/1

健康のために水素水を飲み始めようと思っている人、いざネットで調べてみればそのメーカーや商品の多さに驚くことでしょう。

しかし、飲み比べをするには種類が多いし、コストもかかってしまいます。

自分にあった水素水はどれなのか知りたいと思いませんか?そこで今回は、名前からもその魅力が分かりやすい「水素豊富水」について解説していきます。

業界で高い水準の水素濃度と還元電位

水素水の魅力は、水素による活性酸素の除去です。

どれだけ多くの活性酸素を除去できるかについては、水素水に含まれている水素の濃度の高さがカギを握っています。水素濃度の高い水素水ほどより多くの活性酸素を除去することができます。

水素豊富水は、業界でも高い水準の水素濃度である1.1ppmを誇り、多くの活性酸素を除去する働きに優れています。

また、体の錆びつきを解消するのに役立つ「酸化還元電位」については、プラスであるほど体を錆びつかせ、マイナスであるほど錆を取り除く働きがあります。

水素豊富水は業界トップクラスの還元電位である-650mvであり、水素濃度の高さと相まって体内の活性酸素の除去に効果的です。

筆者も健康に関係することに関しては値段については考えず、その効果の高さによって決めるので、その点において水素豊富水をお勧めします。

飲み口なしの完全密封で水素を逃がさない

体の中の活性酸素を除去する働きを持つ水素ですが、その小ささは体中を駆け巡るというメリットだけではなく、抜けやすいというデメリットも持ち合わせます。

水素は拡散しやすく、ペットボトル程度の密度では簡単に抜けてしまうほどなのです。そこで市販されている水素水の多くは気密性の高い「アルミパウチ」が使われているのです。

水素豊富水もその例に漏れず容器にはアルミパウチを採用しているのですが、水素豊富水の容器は他の水素水の容器とは一線を画します。

水素豊富水の容器には、アルミパウチの飲料につきものの「飲み口」がないのです。要はレトルトカレーのパウチのように、切れ込みを入れて開けるタイプの容器なのです。

そこだけ聞けば飲料の容器としては不便さを感じるかもしれませんが、密閉されているアルミパウチの容器でも飲み口の部分はプラスチックで出来ていますから、そこから水素が逃げてしまうのです。

飲み残しても保存できるというメリットは、水素水においてはあまり意味がないのです。水素豊富水は飲み口がない完全密閉型の容器なので、水素が抜けてしまう心配がありません。

通常サイズは300mlの飲みきり可能なタイプですが、公式サイトの定期便に申し込むと初回特典として保存用のクリップがもらえるのでお得です。

名水を使用して安全な製法で製造

水素豊富水には、日本名水百選に選ばれた山口県寂地川を源流とした錦川水系の天然水を原料として使用しています。

硬度45の軟水は、日本人にとって飲みやすい水であると言えます。製造においては、FSSC22000の認証を受けた工場にて徹底した品質管理の元で製造されていて、環境検査センターでの放射能分析も行うことによって安全性が確保されています。

まろやかで美味しく、しかも安全な水素豊富水はお子様でも安心して飲み続けることができます。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 女性の美しさを支えているアイテムのひとつに、お化粧品があります。 一般的には適齢期になった頃か…
  2. みずみずしい子ども達の体 ツヤのあるお肌を“みずみずしい”と表現しますね。適齢期を過ぎれば優れ…
  3. ようこそ、いらっしゃいませ! サイト運営者のたろ~と申します。 当サイトでは、コストや利便性な…

おすすめ記事

  1. オーストラリアは、世界一乾燥した大陸とも言われており、慢性的な水不足の問題を抱える地域の一つで、生活…
  2. ヨーロッパの国々では水道設備が普及しており、水資源にも恵まれているため、綺麗で安全な水を利用すること…
  3. 兵庫県の六甲山から採取される六甲の美味しい水は、長年にわたって美味しいミネラルウォーターとして親しま…
ページ上部へ戻る