高純度ナノ水素水「スパシア」について

  • 2015/5/1

世に言う「奇跡の水」は、活性水素が豊富であるという主張から水素の健康に対する影響が注目され始めました。

現在では国内のメーカーだけでも数々の水素水が販売されるようになりました。

これだけ多くの水素水、一体どれを選べばよいのか迷ってしまいますよね。

そこで今回は、高純度ナノ水素水「スパシア」について解説していきたいと思います。

原水をナノ化して効果をアップ

スパシアの最大の特徴は、水素を含ませる前の原水を専用のフィルターで濾過して、水の分子をナノ化させているという点にあります。

原水に水素を含ませる前段階でSPGフィルターを通すことで、原水の水の粒子を細かくする過程を加えています。

その工程があることによって、水の分子はナノ単位(1メートルの10億分の1という想像を絶する細かさです)レベルまで細かくなります。

水の粒子が細かくなることによって、スパシアは体への吸収率が良くなります。また、吸収されやすくなるため、ゴクゴク飲んでもお腹にたまる感覚が圧倒的に少なくなるというメリットもあります。

筆者はその点に注目しています(水がお腹にたまる感覚が嫌いなので)。

SPGフィルターを通した水は粒子の大きさが均一になるという特徴もあり、水素を溶け込ませやすくなります。

また、水のクラスターに水素分子が包まれるような形になり、水素が抜けにくくなるというメリットがあります。

そうすることで消費者の手元まで水素を維持した状態を保つことができ、それを飲むことで体のすみずみまで水素を行き渡らせることができます。

立山連峰の湧水を安全な技術で水素水に

スパシアの原料となる水は、名水の宝庫で知られる立山連峰の湧水を使用しています。

天然由来のミネラル分を含んだ天然水を、電気分解などの化学的処理を一切せずに水素を含ませて水素水を作り出しています。

マグネシウムなどで水素を発生させる仕組みではないため、ミネラル分は立山の天然水のミネラルそのままに味わうことができます。

水素を豊富に含む水素水でありながらも、天然水の魅力をそのままに味わうことができます。

スパシアは水素以外には添加物を一切使用しておらず、水素も厚生労働省に認可された安全な添加物であり、スパシアが安全な飲料であるということになります。

ペット用の水素水もある

スパシアを販売しているメーカーは、ペット用の水素水も製造・販売しています。

ペット用の水素水の特徴は、ミネラル分が含まれていないという点です。

ペットも人間と同様にミネラル分を必要とする生き物ですが、ペットフードには大量にミネラル分が含まれていることが多く、飲料でミネラルを摂取すると過剰摂取になり、消化能力に不安があると腎臓に負担がかかる可能性があり、腎臓疾患や尿道結石などを引き起こす可能性があります。

そこでRO膜(逆浸透膜)を通すことで水に含まれるミネラル分や不純物を取り除き、ペットでも安心して飲むことができる「ペットの甦り水」が作り出されるのです。

もちろん、スパシアと同様にナノ化することで吸収しやすい水素水に仕上がっています。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 女性の美しさを支えているアイテムのひとつに、お化粧品があります。 一般的には適齢期になった頃か…
  2. みずみずしい子ども達の体 ツヤのあるお肌を“みずみずしい”と表現しますね。適齢期を過ぎれば優れ…
  3. ようこそ、いらっしゃいませ! サイト運営者のたろ~と申します。 当サイトでは、コストや利便性な…

おすすめ記事

  1. オーストラリアは、世界一乾燥した大陸とも言われており、慢性的な水不足の問題を抱える地域の一つで、生活…
  2. ヨーロッパの国々では水道設備が普及しており、水資源にも恵まれているため、綺麗で安全な水を利用すること…
  3. 兵庫県の六甲山から採取される六甲の美味しい水は、長年にわたって美味しいミネラルウォーターとして親しま…
ページ上部へ戻る