アメリカ・カナダの美味しい水 クリスタルガイザー・アラスカの氷河水・ハワイの海洋深層水

  • 2014/10/25

アメリカやカナダには恵まれた広大な国土があり、その自然の豊かさから様々な種類の美味しい水を楽しむことができます。

アメリカの水道水の水質基準は日本よりも厳しく、アメリカ硬度という基準値があるほど、水に対する強い関心を持っています。

ロッキー山脈やナイアガラと聞くと自然水が豊かなことで有名ですが、深海から採れる海洋深層水や氷河が溶けて湧き出す氷河水まで、その種類は非常に豊富です。

そのため北米では、高度の硬水から飲みやすい軟水まで、色々な水を味わうことができるのです。ここではアメリカやカナダの美味しいミネラルウォーターをご紹介します。

 

カルフォルニア湧水「クリスタルガイザー」

日本人にとっては、アメリカの天然水やカルフォルニア湧水と聞いても、あまりなじみのない名前かもしれません。

とはいえ、カルフォルニア生まれのミネラルウォーターの商品名「クリスタルガイザー」を聞けば、多くの方がすぐに親しみを感じることと思います。

クリスタルガイザーこそが、カルフォルニア湧水を水源とするミネラルウォーターとして有名なのです。

クリスタルガイザーは、以前に火山であった場所から採水しているため、マグネシウムやカリウム、カルシウム、ナトリウムなど、非常に豊富なミネラル成分を含んでいるのが特徴です。

特に玄武岩層を長い時間をかけて通過しているため、バナジウム成分が溶け出して、海産物と同じだけの含有量を誇っています。

水質も軟質で日本人にとっても飲みやすく、多くの人から親しまれているミネラルウォータです。

 

アラスカの氷河水

北米大陸に位置するカナダも、非常に豊富な水源と自然環境に恵まれていることで有名です。

そんなカナダの国土の北部には、氷河で知られるアラスカがあります。

アラスカと聞くと氷河のイメージが強くて、自然水が飲めることを想像しにくいかもしれませんが、この氷河から美味しいミネラルウォーターが採取されているのです。

氷河水のミネラルウォーターの採水地に、バンクーバー島がありますが、氷河から溶け出してくる自然水だと思うと、特別な味わいを感じることができます。

氷河水の特徴は、健康な身体づくりを促進する酵素活性値が水道水の数倍と非常に高く、ミネラル成分のバランスが世界トップクラスのミネラルウォーターなのです。

氷河によって長い時間をかけて濾過されており、水質も軟水のため日本人にも飲みやすい優しい氷河水です。

 

ハワイの海洋深層水

ハワイの海洋深層水と聞くと、色々なイメージを思い浮かべてしまいます。

ハワイと言えば観光で有名な楽園ですが、海洋深層水は深い海のことなので、本当に美味しい水が採水できるのかと思ってしまいます。

ハワイの海洋深層水は、水深が200メートルより深い太陽光線の届かない深海から採取する海水のことで、とても綺麗で安全な水を得ることができます。

深層水は温度が安定しているため、非常に豊富なミネラル成分と無機栄養塩類を含んでいるのです。

カルシウムやマグネシウムなどミネラルのバランスが、体内の成分と非常に似通っており、身体に自然と溶け込むようなミネラルウォーターなのです。

ハワイの中でもコナ沖で採水できる深層水の評価が最も高く、多くの人から愛されています。

 

アメリカやカナダの国土は非常に広く、土地によって様々な特徴を持つ美味しい水をを楽しむことができます。

カルフォルニアの自然湧水やアラスカの氷河水、太平洋沖の海洋深層水などはどれも、特徴は異なりますが共通してミネラル成分が豊富で飲みやすく、身体の健康を促進してくれる最高クラスのミネラルウォーターなのです。

アメリカやカナダでは硬水のイメージがあるかもしれませんが、日本人にも飲みやすく口当たりの優しい美味しい水がこんなにもたくさんあるのです。

アメリカやカナダを訪れた際には、ぜひとも試してみましょう。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 女性の美しさを支えているアイテムのひとつに、お化粧品があります。 一般的には適齢期になった頃か…
  2. みずみずしい子ども達の体 ツヤのあるお肌を“みずみずしい”と表現しますね。適齢期を過ぎれば優れ…
  3. ようこそ、いらっしゃいませ! サイト運営者のたろ~と申します。 当サイトでは、コストや利便性な…

おすすめ記事

  1. オーストラリアは、世界一乾燥した大陸とも言われており、慢性的な水不足の問題を抱える地域の一つで、生活…
  2. ヨーロッパの国々では水道設備が普及しており、水資源にも恵まれているため、綺麗で安全な水を利用すること…
  3. 兵庫県の六甲山から採取される六甲の美味しい水は、長年にわたって美味しいミネラルウォーターとして親しま…
ページ上部へ戻る