北アルプス湧水の美味しい水

  • 2014/10/25

北アルプス湧水の美味しい水は、日本でも有数の名水に選ばれています。

北アルプスの山々は、石英を主成分とする花崗岩からできていますが、自然水がこれらの地層を流れても、ミネラル成分が溶け出すことは少なく、非常に純粋で美しい天然水を採取することができます。

北アルプスの自然水には、鉄分やカルシウムやマンガンなどの成分があまり含まれていないため、非常に飲みやすい軟水の名水を得ることができるのです。

北アルプス湧水は、コーヒーや水割りはもちろんのこと、毎日の飲料水として多くの人から好まれています。

ここでは、北アルプスの山々から採水できる美味しい天然水についてご紹介します。

 

信州安曇野の自然水

北アルプス湧水で有名なのは、安曇野わさび田周辺の湧水群ですが、美しくて綺麗な水により、わさびの栽培に非常に適しています。

北アルプスに降った恵みの雨や雪が、白花崗岩の地層で濾過されて純粋な水を生み出し、安曇野の森林から得られるミネラルも吸収して、清らかな名水を生み出しています。

安曇野周辺のアルプス湧水の特徴は、綺麗なだけでなく、非常に豊富に酸素を含む水なのです。

安曇野わさび田湧水群の名水は、豊かな水量を誇ると同時に、真夏でも水温が15度程度で、わさび栽培やニジマスの養殖に非常に適しています。

信州安曇野地方では、清らかで酸素を豊富に含んだ水を、ミネラルウォーターとしても販売されています。

信州安曇野地方を訪れた際には、綺麗で美味しい水を味わうと共に、清らかな水が流れるわさび農園にも訪れてみましょう。

 

立山連峰の清水

北アルプス湧水として忘れてならないのは、立山連峰の名水です。

立山連峰の清水は、富山県に位置する日本屈指の採水地であり、日本名水百選に何度も選ばれてきました。

立山連峰に降った雨や積もった雪が、立山の山々の地層によって濾過され、非常に純粋な清水を生み出しています。

立山連峰は厚い花崗岩層の地層で構成されており、数百年とも言われる流れで美しく浄化された、飲料水に適した地下湧水なのです。

立山連峰の地下湧水もミネラルウォーターとして販売されており、数百年を経た名水を楽しむことができます。

立山連峰の純粋で美味しい水を味わうだけでなく、数百年の歴史が感じられる天然水です。

立山の花崗岩に濾過されるため、有機物が非常に少なく、さわやかな飲み口が特徴の飲料水です。

弱酸性の水のため、肌の保湿水としても利用することができ、健康にも美容にも効果的な地下湧水なのです。

 

新潟の美味しい天然水

新潟越後の朝日飯豊連峰に降った雨と積もった雪が、新潟の大地に浸み込み、長い時間をかけて美味しい水を創り出しています。

朝日飯豊連峰の天然水は、酸素とミネラルを十分に含んでいることが特徴で、飲みやすくて親しみやすい味なのが特徴です。

そのまま飲料水としても美味しく飲めますし、料理やコーヒー、お酒にも非常に適しています。

採水地は旧中条町乙周辺ですが、扇状地の地形が広がる自然豊かな環境で育まれた清水です。

積もった雪が春になると解けだし、長年をかけて濾過されてバランスの良い美味しい天然水を供給しています。

最近では「どっこん水」という名称でミネラルウォーターも販売されており、弘法大師が修行の際に「聖地の清水」と唱えたことに由来した名前がつけられています。

新潟越後の豊かな雪解け水からできた美味しい水、ぜひ味わってみましょう。

 

このように北アルプスでは、山々と大地により磨かれた綺麗で美味しい水が多く採水することができます。

谷川山系の異なる地層により自然に濾過された天然水が、過熱されることなく処理されて、自然の美味しさを残しながらミネラルウォーターとしても、日本全国で楽しめるようになっています。

北アルプスの湧水を見かけたなら、信州地方の山々を思い浮かべながら、美味しい水を楽しんでみることができるでしょう。

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. 女性の美しさを支えているアイテムのひとつに、お化粧品があります。 一般的には適齢期になった頃か…
  2. みずみずしい子ども達の体 ツヤのあるお肌を“みずみずしい”と表現しますね。適齢期を過ぎれば優れ…
  3. ようこそ、いらっしゃいませ! サイト運営者のたろ~と申します。 当サイトでは、コストや利便性な…

おすすめ記事

  1. オーストラリアは、世界一乾燥した大陸とも言われており、慢性的な水不足の問題を抱える地域の一つで、生活…
  2. ヨーロッパの国々では水道設備が普及しており、水資源にも恵まれているため、綺麗で安全な水を利用すること…
  3. 兵庫県の六甲山から採取される六甲の美味しい水は、長年にわたって美味しいミネラルウォーターとして親しま…
ページ上部へ戻る