四万十川の美味しい水

  • 2014/10/25

日本の美しい水と聞くと、四国の四万十川を思い浮かべる方も少なくないことでしょう。

四万十川は、高知県と愛媛県にわたって流れる四国第二の大河で、雄大な自然環境に触れながらゆっくりと流れています。

四万十川の源流では今でも人の手が加わることのない森林が広がっており、水の豊かさと美しさを守っています。

最近では、四万十川のミネラルウォーターも販売されるようになり、ますます注目されるようになっています。

ここでは、四万十川の美味しい水について、ご紹介したいと思います。

 

日本最後の清流、四万十川の水

日本最後の清流とも呼ばれる四万十川は、日本三大清流の一つに数えられており、現在でも美しい豊かな自然水を供給しています。

四万十川の天然水は、源流である東津野村の不入山で採取されており、ここから湧き出る地下水が大きな川となって200㎞の距離をゆっくりと流れています。

四万十川には人手が加わっていない自然林が多く残されており、ダムも建設されていないことから、美しくて美味しい水を守ることができています。

四万十川の上流部では、鮎釣りが行われることでも有名で、河川の水がいかに美しいかを物語っています。

今でも多くの観光客が訪れており、四万十川の周辺でキャンプや釣りなどと共に、河川の美しい流れを楽しんでいます。

四万十川の美味しい水は、長年にわたり地元の人に命の恵みをもたらしてきましたが、今では日本全国でも楽しむことができるようになっています。

 

四万十川の水の特徴

四万十川の周辺地域では、自然のままの森林が多く残っているため、日本名水百選にも選ばれているほど、綺麗で美味しい水を飲むことができます。

四万十川の水の特徴は、軟水で非常に飲みやすいナチュラルミネラルウォーターといわれています。

その水は低ミネラルなのが特徴ですが、バランスよくミネラルが含まれているので、口当たりの良い飲料水として愛されています。

四万十川の水は、四国の屋根ともいわれる津野町の大自然の中、山や岩により長い時間をかけて濾過された天然水です。

四万十川周辺の地域では、美味しくて安全な水を利用して、農業栽培や特産品の生産などに活用されています。

お年寄りから赤ちゃんまで安心して飲める美味しい水ですから、一度は実際に四国を訪れて、飲んで味わってみたい自然の地下水ではないでしょうか。

四万十川の水の美味しい飲み方

四万十川の鉱泉水は日本でも珍しいほどに甘みを感じる超軟水で、胃腸に優しく、赤ちゃんでも飲みやすいのが特徴です。

一般的な軟水と比べてみても硬度が低いので、苦みがなく大自然の恵みを感じることができます。

そのため様々な料理に適しており、浸透力が高い特徴を生かしてダシをとる料理などに最適で美味しくなると言われています。

四万十川の場所によっても水の硬度が変わってきますが、硬度16度の軟水は、お茶やコーヒーを入れる水に適しており、水の美味しさを味わうことができます。

とはいえ四万十川の水をそのまま適度に冷やして飲むことで、天然水の美味しさを最も感じることができます。

一般のミネラルウォーターと比べてみても、苦みが少ないふくよかな甘みで、とろっとした味わいを楽しむことができます。

 

四万十川の水は四国の大地により時間をかけて濾過され、人手の加わらない大自然から採取された自然水で、多くの人から愛されてきました。

最近では四万十川のミネラルウォーターも全国で販売されるようになり、気軽に購入して飲めるようになりました。

お腹にとても優しい水ですから、一度は現地を訪れて、四万十川周辺の大自然を感じながら、天然水の美味しさを味わってみたいものです。

四万十川の低ミネラルで優しいのが特徴の天然水を、一度購入して飲んでみられるようにお勧めします。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 女性の美しさを支えているアイテムのひとつに、お化粧品があります。 一般的には適齢期になった頃か…
  2. みずみずしい子ども達の体 ツヤのあるお肌を“みずみずしい”と表現しますね。適齢期を過ぎれば優れ…
  3. ようこそ、いらっしゃいませ! サイト運営者のたろ~と申します。 当サイトでは、コストや利便性な…

おすすめ記事

  1. オーストラリアは、世界一乾燥した大陸とも言われており、慢性的な水不足の問題を抱える地域の一つで、生活…
  2. ヨーロッパの国々では水道設備が普及しており、水資源にも恵まれているため、綺麗で安全な水を利用すること…
  3. 兵庫県の六甲山から採取される六甲の美味しい水は、長年にわたって美味しいミネラルウォーターとして親しま…
ページ上部へ戻る