南米大陸の水事情

  • 2014/10/25

南米大陸では、国によって水の事情は大きく異なっています。

南米ではアンデス山脈の雪解け水を始めとして、環境や水資源に恵まれた地域と、乾燥地帯で水不足の問題を抱える地域があり、地域によって状況が変わってきます。

基本的に上水道設備は整備されていますが、石灰分を多く含む硬水であるため、生水や水道水は飲用には適していません。

南米大陸の国々では、生活には水道水を利用することができますが、飲用水や料理用には、ミネラルウォーターを購入して使っている家庭がほとんどのようです。

 

南米の水道水

南米大陸の中でも、サンチアゴやリマなど比較的高度が高い都市では、かなり硬度の高い水道水が供給されていますが、

サンパウロやリオデジャネイロなどでは、軟水が供給されています。

南米の国や地域によっては、水道水に砂塵や微少な泥が混入していることがあるようですから、飲用水にはミネラルウォーターを購入するか、水道水を煮沸する方がよいかもしれません。

南米の水質の多くが硬水であるため、観光旅行で訪れる日本人にとっては、慣れるまであまり美味しくないと感じるかもしれません。

水道水を飲まないようにしていても、レストランで水道水が出されていたり、ジュースの氷が水道水であったり、知らない間に水道水を取り入れる可能性がありますから、観光旅行の際には注意するようにしましょう。

 

南米の水事情

南米の水道水の多くが不十分な浄水処理で供給されており、水質も硬水であるため、飲用にはミネラルウォーターを購入する方が安心です。

ミネラルウォーターは、どの都市でもスーパーや売店など街中で手軽に購入することができます。

南米では、炭酸入りの水と普通の水の2種類が販売されています。

com gasやgasosaが炭酸入りで、sem gasが炭酸なしのミネラルウォーターです。

レストランなどで出される水は、水道水である場合があるので、ミネラルウォーターを注文する方が安全です。

ブラジルを始めてとして、多くの地域では日中の日差しが強くて熱中症になる恐れがありますから、観光中は定期的に水分補給をするように心がけましょう。

 

南米の水の問題

ある検査データによると、南米諸国の水道水やミネラルウォーターからは、細菌類は検出されなかったものの、家庭水からは約50%の割合で一般細菌が検出された国や地域があったようです。

また、南米ペルーの砂漠にある都市リマのように、年間を通して雨がほとんど降らず、地元の人が水不足などの水問題を抱えている地域があります。

多くの人が井戸を利用して地下水を生活に使っていますが、水質が汚染されていることが多く飲料水には適していないのが実情です。

水道供給の需要が増えると同時に、都市部で発生する下水処理設備の整備が遅れているために、汚水が河川に流入する問題が起きており汚染の原因となっています。

また、ゴミの処理が十分にできていない地域では、雨が降ると汚水が河川や土壌へと流れ込み、水質汚染の原因となっています。

このように南米大陸では、水資源に恵まれた地域と水問題を抱える地域との格差が大きく、改善するための対策が急がれています。

 

南米大陸はアマゾン川やアンデス山脈などを始め、豊かな自然や水資源に恵まれていますが、国や地域によって、水道の普及率や浄水の基準が異なっています。

南米の水質の多くが硬水ですし、浄水の基準が十分ではありませんから、日本人が観光旅行に出かける場合には、水道水を飲まないようにする方が安全です。

大部分の都市や街で、ミネラルウォーターを購入することができますから、定期的に水分補給をするようにしましょう。

今後、国や地域による格差をなくし、南米の豊かな水資源を有効に活用できる設備の整備が必要とされているようです。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 女性の美しさを支えているアイテムのひとつに、お化粧品があります。 一般的には適齢期になった頃か…
  2. みずみずしい子ども達の体 ツヤのあるお肌を“みずみずしい”と表現しますね。適齢期を過ぎれば優れ…
  3. ようこそ、いらっしゃいませ! サイト運営者のたろ~と申します。 当サイトでは、コストや利便性な…

おすすめ記事

  1. オーストラリアは、世界一乾燥した大陸とも言われており、慢性的な水不足の問題を抱える地域の一つで、生活…
  2. ヨーロッパの国々では水道設備が普及しており、水資源にも恵まれているため、綺麗で安全な水を利用すること…
  3. 兵庫県の六甲山から採取される六甲の美味しい水は、長年にわたって美味しいミネラルウォーターとして親しま…
ページ上部へ戻る