ヨーロッパの水事情

  • 2014/10/25

ヨーロッパの国々では水道設備が普及しており、水資源にも恵まれているため、綺麗で安全な水を利用することができます。

特に、ヨーロッパのミネラルウォーターは大地のミネラル成分を十分に含んでおり、世界的に有名で多くの消費量を誇っています。

ヨーロッパ大陸の水は、石灰岩が多いことに加えて、地下の滞留期間が長いために、ミネラルが溶けすぎて硬水となります

。ヨーロッパは環境に恵まれているとはいえ、全ての国の水道水が直接飲めるわけではありませんし、硬水ですから、日本人はミネラルウォーターを購入して飲むほうがいいでしょう。

 

ヨーロッパの自然水

私たちが利用している水には、カルシウムやマグネシウムなどの地中の鉱物が溶けて含まれるミネラルの配分によって、軟水と硬水に分けられています。

ミネラルの比較的少ない水を軟水、多い水を硬水と呼んでいますが、ヨーロッパでは多くの水が硬水となります。

ミネラルを十分に含んだ天然水が、世界的に有名なミネラルウォーターとして販売されています。

ヨーロッパの多くの国では浄水設備が整っており、綺麗で安全な水を利用することができますが、硬水に慣れていない日本人が飲むと、おなかを壊して下痢をしてしまうことがありますから、気をつけましょう。

また、硬水に含まれているカルシウムやマグネシウムが原因で、石鹸がよく泡立たないということもあります。

 

ヨーロッパの水道水

ヨーロッパの多くの国の水道水は厳しい基準で管理されており、浄水設備も整っていますから、安心して利用することができます。

とはいえ、水道水の水質が硬水であるため、家庭料理の作り方も日本とは違ってきます。

例えば、フランス料理では水を使った料理よりも、蒸したり油でいためたり、牛乳やワインを加えて煮たりすることが多くなります。

また同じ理由で、ヨーロッパ諸国ではワインがつくられています。ワインはブドウを発酵させて作りますが、ブドウに含まれる糖分と水分だけを使うために水はいらないからです。

ヨーロッパ諸国の中でも、イギリスの水は日本の水に似ており軟水です。そのため、イギリスではウイスキー作りが有名になっています。

 

ヨーロッパのミネラルウォーター

ヨーロッパは、ミネラルウォーター先進国とも言えるほど、非常に高いナチュラルミネラルウォーターの品質基準をもっています。

ミネラルウォーターの品質基準として、殺菌の禁止やミネラル分の基準値の設定、採水地周辺の環境保護などが義務付けられています。

つまり、厳しい基準によって環境汚染から守られた採水地から直接原水を採取した水のみが、ナチュラルミネラルウォーターとして販売されているのです。

ヨーロッパでは健康のための飲料水が求められており、ミネラルウォーターに対する位置付けや基準が日本よりもさらに高いと言えます。

ですから、世界の美味しいミネラルウォーターを飲みたいなら、ヨーロッパの名水を試してみると良いかもしれません。

 

環境や水資源に恵まれたヨーロッパの国々では、水道設備が普及しており、安全で綺麗な水を利用することができます。

もちろん、国によって水質基準は大きく異なっていますから、それぞれの国で水道水の質を比べてみるのも面白いかもしれません。

生活には水道水を安心して利用できますが、水質が硬水ですから、硬水に慣れていない日本人は直接飲まないようにする方が安心でしょう。

ヨーロッパには様々な種類のミネラルウォーターが販売されていますから、物価は少し高いですが、色々な水を試してみると楽しいかもしれません。

ヨーロッパ各地を観光旅行で訪れてみれば、恵まれた環境を楽しむと共に、貴重な水資源を守っていくことの大切さも感じることができるでしょう。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 女性の美しさを支えているアイテムのひとつに、お化粧品があります。 一般的には適齢期になった頃か…
  2. みずみずしい子ども達の体 ツヤのあるお肌を“みずみずしい”と表現しますね。適齢期を過ぎれば優れ…
  3. ようこそ、いらっしゃいませ! サイト運営者のたろ~と申します。 当サイトでは、コストや利便性な…

おすすめ記事

  1. オーストラリアは、世界一乾燥した大陸とも言われており、慢性的な水不足の問題を抱える地域の一つで、生活…
  2. ヨーロッパの国々では水道設備が普及しており、水資源にも恵まれているため、綺麗で安全な水を利用すること…
  3. 兵庫県の六甲山から採取される六甲の美味しい水は、長年にわたって美味しいミネラルウォーターとして親しま…
ページ上部へ戻る