アフリカの水事情

  • 2014/10/25

アフリカ大陸には多くの国があり、その国や地域によって、水事情は大きく異なっています。

アフリカは大自然に恵まれた大陸であり、美しい自然水に恵まれた地域でもありますが、多くの国々で国土の砂漠化が進んでおり、そのため深刻な水不足に悩まされています。

農村部やスラム地域では、水を入手するために水汲みをしたり、何キロも歩いて水を運ぶ地域もあり、先進国の何倍もの努力が必要となっています。

アフリカでは、砂漠化による水不足だけでなく、水道設備の開発や整備が遅れていたり、水質汚染の問題を抱えていますから、将来に向けて水問題を解決することが急がれています。

 

アフリカの水事情

アフリカ大陸の中でも、日本人などの外国人が多く滞在する都市部では、上水道設備が整備されていることがほとんどです。

サハラ砂漠周辺の町などでは、フォガラと呼ばれる地下水道が作られており、水利が確保されています。

これは砂漠の表面から立井戸を何本も掘り、底を水平方向につないで集落まで地下水を導いてくるという仕組みになっています。

ルワンダなどでは、日本からのNGO団体やボランティアグループの井戸掘りチームが、現地の人々の水の供給を支援しています。

しかし、マダガスカルのアンタナナリボなどでは、肝炎の流行がよく起きており、飲料水には十分注意する必要があります。

西アフリカの国々では、ミネラルウォーターからも細菌類が検出されることがあり、外国人滞在者にとっては注意が必要です。

 

アフリカの水道水

アフリカ大陸の多くの都市は、以前にヨーロッパ諸国の統治を受けていた影響で、上下水道設備が整っており、現在でもその状態をある程度維持することができています。

一方で、アフリカの多くの地域では浄水設備が整っていないために、不純物を含んだコーヒーのような色をした水を飲んでいる人も少なくありません。

最近では、多くのボランティア団体などの協力により、水質がかなり改善されてきていますが、それでも日本の数倍の褐色や水質の水を利用しているという現実があります。

浄水設備の問題だけではなく、古くなった水道管やタンクなども改善が急がれています。

エジプトのカイロでは、水道管が100年前の植民地時代に埋設された物があり、老朽化による破裂を防ぐために水圧が低く抑えられて、水道の出があまり良くないという地域もあります。

こうした古い設備では、水質が悪いだけでなく、安定して安全な水を供給することも難しくなってきます。

 

アフリカの水対策

2025年には、世界人口の約3分の2の人が、水不足に直面すると指摘されていますが、北アフリカやサハラ以南のアフリカ地域では、特に深刻だと言われています。

日本のODAプロジェクトでは、水道の整備が遅れている東部の旧キブンゴに給水施設を建設して、安全で衛生的な水を安定的に供給し、水汲み作業を軽減できるように援助しています。

現地においては、日本製の融着機や発電機などを使用して、配管作業が実施されています。

機械は日本語の表示であることが多いため、少しずつ手順を覚えて作業を進められるように援助することも必要です。

アフリカの多くの国では、一日でも早く安全な水が供給されて、生活が豊かになることを願い、日本のODA活動が行われています。

 

今後の課題としては、都市部と地方の格差を改善し、水道設備を整備して安全で綺麗な水を供給することが必要とされています。

水道管が古くなっていたり、水道の水圧が低い地域も少なくありませんし、水質汚染で衛生面に問題が多いこともありますから、伝染病の感染を防ぐ対策も急がれています。

観光旅行でホテルや都市部を訪れる際には問題がないかもしれませんが、アフリカに長期滞在する際には、水道水はもちろんのこと、ミネラルウォーターにも十分に注意して、安全な水を飲むように心がけましょう。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 女性の美しさを支えているアイテムのひとつに、お化粧品があります。 一般的には適齢期になった頃か…
  2. みずみずしい子ども達の体 ツヤのあるお肌を“みずみずしい”と表現しますね。適齢期を過ぎれば優れ…
  3. ようこそ、いらっしゃいませ! サイト運営者のたろ~と申します。 当サイトでは、コストや利便性な…

おすすめ記事

  1. オーストラリアは、世界一乾燥した大陸とも言われており、慢性的な水不足の問題を抱える地域の一つで、生活…
  2. ヨーロッパの国々では水道設備が普及しており、水資源にも恵まれているため、綺麗で安全な水を利用すること…
  3. 兵庫県の六甲山から採取される六甲の美味しい水は、長年にわたって美味しいミネラルウォーターとして親しま…
ページ上部へ戻る