ミネラルウォーターやペットボトルの水

  • 2014/9/18

最近では、ミネラルウォータやペットボトルの水を購入する方も、非常に多くなってきました。

商品によっては、日本や世界の名水であったり、地下湧水などの自然水を手軽に飲めるようになっています。浄水処理された水道水が厳しく管理されていることは分かっていても、水道の水を直接飲むことには少し抵抗を感じている方も少なくないことでしょう。

天然水などと書かれたミネラルウォータの方が、安心して飲めるようなイメージを受けるかもしれません。

では、ミネラルウォーターとはどんな水のことなのでしょうか?。

煮沸した水道水と何か違いはあるのでしょうか?

ここでは、知っているようで知らない、ミネラルウォーターの定義について確認していきましょう。

 

ミネラルウォーターの水

ミネラルウォーターと聞くと、水道水よりも綺麗で美味しい水というイメージを受ける方は少なくないことでしょう。

ミネラルウォーターという言葉は、地下水や湧水などの自然水を表す総称のことです。

もちろん綺麗で美味しい自然水が十分に選ばれて販売されていますが、言葉の定義から言うならば、日本のように軟水が豊富で水道水の管理もしっかりとしている国では、水道水をペットボトルに詰めてもミネラルウォーターと呼ぶこともできるのです。

とはいえ日本においては、安心できる水源が厳選されており、自然にミネラルを豊富に含むようになった、ナチュラルミネラルウォーターが販売されていることがほとんどです。

ナチュラルミネラルウォーターを購入する時には、表記されているミネラル成分や水の硬化などを確認すると、飲みやすいミネラルウォーターを選ぶことができます。

 

ペットボトルの水

毎日のように、ペットボトルの水を購入して飲んでいるという方も少なくないことでしょう。

大手飲料水メーカーのペットボトルの水には、日本ブランドの名水や天然水という言葉が表記されていたり、海外ブランドのナチュラルウォーターと表記された商品などがあります。

実際、ペットボトルの水には、採水地や製造方法、ろ過方式やミネラル成分・硬度など様々な種類があります。

名水や天然水と聞くと、とても美味しいイメージはありますが、天然成分を残すために最低限のろ過や殺菌処理しかされないことがあるので、安全性を重視するためには採水地や採水方法・浄水方法などを確かめる必要があります。

大手飲料メーカーであっても、詳細を表記していないことが多いですから、安心して飲めるペットボトルの水を、正しく選ぶようにしましょう。

 

浄水や煮沸した水とあまり変わらない

ミネラルウォーターやペットボトルの水の方が綺麗で美味しいイメージはありますが、実際には水道水も厳しい基準で管理されているので、ペットボトルの水を購入しなくても、水道水を煮沸させるだけでも十分安心して飲めるのです。

ペットボトルの水の中には、酸化還元電位の数値が低いことを売りにしているものもありますが、消費者に届くまでに数日かかるので、水を飲むころには浄水の電位と変わらなくなることもあります。

ペットボトルの水の場合、煮沸や防腐剤なしの製造は考えにくいですから、実際には水道水を煮沸させた状態と変わらないことがあります。

もちろん、名水や自然水と表記されたミネラルウォータの方が安心して飲めるイメージはありますが、実際には水道水に少し工夫を加えて美味しく飲むので十分なのです。

 

ミネラルウォーターやペットボトルの水にも、様々な種類があります。

水源地や製造方法もメーカーによって異なっていますから、不安がある場合にはしっかりと調べてみましょう。

また、含まれているミネラルや硬度にも差がありますから、それぞれを比較してみて、安心して飲めるミネラルウォーターを購入するようにしましょう。

ミネラルウォーターには、日本各地や世界中の名水や自然水を扱っているものが多いですから、正しく選ぶことで世界中の名水を楽しむことができるでしょう。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 女性の美しさを支えているアイテムのひとつに、お化粧品があります。 一般的には適齢期になった頃か…
  2. みずみずしい子ども達の体 ツヤのあるお肌を“みずみずしい”と表現しますね。適齢期を過ぎれば優れ…
  3. ようこそ、いらっしゃいませ! サイト運営者のたろ~と申します。 当サイトでは、コストや利便性な…

おすすめ記事

  1. オーストラリアは、世界一乾燥した大陸とも言われており、慢性的な水不足の問題を抱える地域の一つで、生活…
  2. ヨーロッパの国々では水道設備が普及しており、水資源にも恵まれているため、綺麗で安全な水を利用すること…
  3. 兵庫県の六甲山から採取される六甲の美味しい水は、長年にわたって美味しいミネラルウォーターとして親しま…
ページ上部へ戻る