ウォーターサーバーの水とスーパーの水との違い

  • 2015/1/26

スーパーでもお水を配布

いつの頃からだったかは定かではありませんが、スーパーに買い物に来ている人が大きな容器を持っていて、それに店内にあるタンクから水を汲んで帰っていく。

そんな光景がよく見られるようになりました。

最初は売り物だと思っていたのですが、どうやらそれは無料で提供しているのだと分かったのは少し後になってからです。

わざわざお店が提供して、お客さんもそれを持って帰るのですから普通の水ではないはずです。

実際にその水を使うと「お茶やコーヒーの味が違う」「ご飯が美味しくなった」などの喜びの声でいっぱいになったと言います。

 

どんなお水なの?

日常的に使うお水ですから、スーパー側にとってはお客さんがそれを求めて頻繁に足を運んでくれるようになるといったメリットがあります。

他店に行ってしまう事も少なくなるでしょう。しかしお店には商品としてミネラルウオーターも販売されています。

わずか1アイテムとはいえ、一方は商品でもう一方は無料と言うのはやはり変な気がしますね。

実はスーパーで配っているお水の中身に違いがあります。お店によってまちまちですので一概には言えないのですが、ろ過する事により有害物質をなるべく除いたものや、電気分解をしたアルカリイオン水などが多いようです。

ろ過した水にミネラル分を加えたり、マイナスイオンを加えたものなどもあって実にさまざま。いずれも健康や味を高める工夫がされています。

 

ウォーターサーバーとの比較

一方、専用サーバーを設置してミネラルウオーターを補充していくというウォーターサーバーも家庭でのニーズが高まっています。もちろんこちらは専門の会社と契約をする、有料のサービスになります。

料金面ではスーパーで配られる水に対して全く割が合いません。

それでもウォーターサーバーの人気が高まってきているのには、理由があります。

 

ひとつは手間の問題です。

ウォーターサーバーに補充する水は、宅配で各家庭に届けられます。これを使えばスーパーから重い水を汲んで運んでくるという負担から解放されます。

次に挙げたいのは安心というポイントについてですが、こちらは上にも書いたように各スーパーでお水自体についていろいろな違いがあるため、最も気になる所ですが比較がしづらい面があります。

ただひとつ言えるのはスーパーのお水は中身もまたそれを汲む機器の衛生面も相手任せですが、ウォーターサーバーは自分で選べます

またサーバーの衛生面も自分できちんとチェックしていく事ができます。

こうした比較を踏まえて、今後家庭で使う水は選んでいきたいものです。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 女性の美しさを支えているアイテムのひとつに、お化粧品があります。 一般的には適齢期になった頃か…
  2. みずみずしい子ども達の体 ツヤのあるお肌を“みずみずしい”と表現しますね。適齢期を過ぎれば優れ…
  3. ようこそ、いらっしゃいませ! サイト運営者のたろ~と申します。 当サイトでは、コストや利便性な…

おすすめ記事

  1. オーストラリアは、世界一乾燥した大陸とも言われており、慢性的な水不足の問題を抱える地域の一つで、生活…
  2. ヨーロッパの国々では水道設備が普及しており、水資源にも恵まれているため、綺麗で安全な水を利用すること…
  3. 兵庫県の六甲山から採取される六甲の美味しい水は、長年にわたって美味しいミネラルウォーターとして親しま…
ページ上部へ戻る