ピュアウォーター まさに「純粋な水」こそがコレ

  • 2015/2/21

ピュアウォーターという言葉は、ミネラルウォーターに比べると少し知名度が落ちるかもしれません。

けれどもミネラルウォーターとの比較でよく出てくるのが、まさにこれなのです。

日本語では「純水」とされるそうですが、「RO水」という名前でもよく出てきますのでこちらも覚えておくと良いでしょう。

日本では割と水を買う=ミネラルウォーターという認識ですが、ヨーロッパやアメリカと言った海外ではこのピュアウォーターの方が好まれているとも言われています。

ここではこのピュアウォーターについて詳しく見ていきましょう。

ミネラルウォーターのライバル?

まずはピュアウォーターの強力なライバル(?)であるミネラルウォーターについて簡単にふれておきましょう。

知ってるようで案外知らないこのミネラルウォーター、「天然水」と呼ばれる事も多いですが、実は天然水とは完全に一致しない場合もあります。

天然水の事は天然水についての中で紹介していますが、日本の基準ではミネラルウォーターの一部が天然水と呼ぶ事ができるものです。

でもここでは細かな事を抜きにして、ミネラルウォーター≒天然水という形で進めていきます。

その意味で言うとミネラルウォーターはかなり天然に近い水です。自然の恵みであるミネラルもふんだんに含まれています。

一方のピュアウォーターは、水の中に含まれる不純物を一切取り除いた水で、人工的なものと言えます。

不純物の中にはミネラルも含み、それさえも除いてまさに本当の意味での純水と言える状態になっているのですね。

ミネラルウォーターと比較すると一層顕著なのですが、天然の味わいがするミネラルウォーターに比べ味も無味です。

ここまで見ると何だかかなりミネラルウォーターの方が良さそうですね。

ピュアウォーターの価値

しかしピュアウォーターの方にも利点があるのです。まずは赤ちゃんの粉ミルクを作るのに最適です。

不純物が取り除かれているために、粉ミルクの中のミネラル分のバランスを崩す事がないのです。

またお年寄りや病気で内臓が弱っている人も安心して飲めるのがこのピュアウォーターの特徴です。

このように家族構成によってはミネラルウォーターよりもメリットが大きそうです。

さらに独自の味や臭みがないという事で、料理に使っても個性を主張しすぎないという利点もあります。

水の特徴をよく理解すると、このように適切な方が選んでいけますね。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 女性の美しさを支えているアイテムのひとつに、お化粧品があります。 一般的には適齢期になった頃か…
  2. みずみずしい子ども達の体 ツヤのあるお肌を“みずみずしい”と表現しますね。適齢期を過ぎれば優れ…
  3. ようこそ、いらっしゃいませ! サイト運営者のたろ~と申します。 当サイトでは、コストや利便性な…

おすすめ記事

  1. オーストラリアは、世界一乾燥した大陸とも言われており、慢性的な水不足の問題を抱える地域の一つで、生活…
  2. ヨーロッパの国々では水道設備が普及しており、水資源にも恵まれているため、綺麗で安全な水を利用すること…
  3. 兵庫県の六甲山から採取される六甲の美味しい水は、長年にわたって美味しいミネラルウォーターとして親しま…
ページ上部へ戻る