ウォーターサーバーは機器設置の二タイプ(購入とレンタル)

  • 2015/2/22

美味しい水を支える機器、冷水のみのタイプもあり

ウォーターサーバーで給水を行う機器を、「ウォーターディスペンサー」とも言います。

あるいは本体と言ったりする事もあり、いずれにしても水を入れ取り出していくのはこの専用の機器からです。

冷水が出るとともに、お湯も出せるというのがウォーターサーバーの特徴にもなっています。

実際にこの機器も冷水、温水とに分けられています。ただし「冷水のみ」というタイプも案外多いようです。

ウォーターサーバーのメリットであるお湯がすぐに飲めるというのが機能として無いのは大きなマイナスとも思えますが、これがいらないという人も割と多くいるようなのです。

例えばふだんから温かいものはあまり口にしないという人です。こうした人にとってはお湯が出るというのは無用の長物でしょう。何しろ常にお湯が出るという事は、温かさをキープしているという事です。

そうなると当然ながら電気料金がかかって来ます。最近は家族で話し合って、皆あまりお湯はウォーターサーバーから飲んでいないという意見になったら冷水のみのタイプに切り替えるというケースも多いようです。

基本はレンタル型

ウォーターサーバーの機器についてですが、通常はレンタルとなります。

レンタルした機器に宅配されてくる水を交換、セットするというのが通常の流れです。

買取ではなくレンタル料金がかかってくる場合がありますが、レンタルのお金は不要というものも多くあります。

しかしお水、配送料などトータルのコストで比べていくのが賢いウォーターサーバーの選び方です。

レンタル料無料という事にだけ目を奪われると、思わぬ損をしてしまう事になりかねませんのでよく見比べてみましょう。

意外とニーズが多い購入

一方でこのウォーターサーバーの機器を購入したい、というニーズも多く見られます。

これは中の水は自分で選んで決めるから、水自体の定期的な配達は不要という事でしょう。

しかしウォーターサーバーは機器自体で水に何かしている訳ではありません。

例えば浄水器を水道につければ残留塩素を除去していくなどの仕組みになっていますが、ウォーターサーバーの機器自体にはこうした働きは無いのです。

そうなればただ大きな水のタンクがあるだけ。

しかもメンテナンスがないので不衛生になってしまいます。

中にはいろいろと工夫してウォーターサーバー機器にその時々に気に入った水を入れて飲んでいる、という人もいますが、基本的にはレアなケースと見ておきましょう。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 女性の美しさを支えているアイテムのひとつに、お化粧品があります。 一般的には適齢期になった頃か…
  2. みずみずしい子ども達の体 ツヤのあるお肌を“みずみずしい”と表現しますね。適齢期を過ぎれば優れ…
  3. ようこそ、いらっしゃいませ! サイト運営者のたろ~と申します。 当サイトでは、コストや利便性な…

おすすめ記事

  1. オーストラリアは、世界一乾燥した大陸とも言われており、慢性的な水不足の問題を抱える地域の一つで、生活…
  2. ヨーロッパの国々では水道設備が普及しており、水資源にも恵まれているため、綺麗で安全な水を利用すること…
  3. 兵庫県の六甲山から採取される六甲の美味しい水は、長年にわたって美味しいミネラルウォーターとして親しま…
ページ上部へ戻る