水素水はビタミンよりも優れた活性酸素除去効果がある!

  • 2015/4/21

美容の大敵「活性酸素」、お肌の老化を防ぐために摂取すべき栄養として皆さんが思い浮かべるのは「ビタミン」などの抗酸化作用のある栄養ではないでしょうか。

しかし、水素にはビタミンと同様に活性酸素を除去する働きを持ちながらビタミンよりも優れた性質も持ち合わせているのです。

活性酸素はお肌の大敵

肌の老化の原因として活性酸素による細胞の老化が挙げられます。

人の体は元々活性酸素を除去する働きを持っていますが、20歳をピークに徐々に低下し、次第に活性酸素による細胞の酸化が進んで老化現象が起きます。

そうならないためには、体が損なっている活性酸素を除去する働きを外部からサポートすることが重要になります。

ビタミンは活性酸素を除去するが

そこで紹介されてきたのが「ビタミンC」や「ポリフェノール」といった抗酸化作用のある栄養です。

雑誌やテレビでも取り上げられる機会が多く、お肌に良いというイメージを持つ人が多いことでしょう。しかし、ビタミンによって活性酸素を除去することには弊害もあるのです。

活性酸素にはいくつか種類があり、その中でも老化の原因となるのは酸化力の強い「悪玉活性酸素」なのです。

私たちの体では「善玉活性酸素」によって体内に侵入したウイルスを駆除しています。白血球がウイルス駆除のために活性酸素を作り出しているのですが、何らかの理由でこれが過剰に作られることで活性酸素の酸化力が強まり、攻撃する必要のない正常な細胞まで攻撃して酸化させ、老化を促進してしまうのが悪玉活性酸素なのです。

つまり、活性酸素そのものは全てが悪者ではなく、悪玉さえ退治できれば理想的なのです。

それなのに、ビタミンやポリフェノールでは悪玉だけでなく善玉も無差別に駆除してしまうため、細胞の老化を防げる代わりに体の免疫力まで低下させる恐れがあるのです。

水素は悪玉のみ駆除する

その点、水素にはビタミンにはないアドバンテージがあるのです。水素は体の中で活性酸素と結びついて無害な水に変えてしまうのですが、この反応は酸化力の強い悪玉活性酸素とだけ起こるのです。

つまり、免疫力を左右する善玉活性酸素は体内に残したまま、悪玉活性酸素だけを除去することができるのです。

そのため、免疫力を維持したまま老化の進行を抑えることができるのです。

過剰摂取が起こらない

近年では、健康のために不足している栄養を手軽に摂取できる「サプリメント」が人気を集めています。

日頃の食事では摂取しづらい栄養を手軽に摂取できるのは良いのですが、調子に乗って飲み過ぎると今度は過剰症を起こしてしまいます。私の友人にも何かのサプリを飲みすぎて(確か用量の2倍飲んでいたと言っていました)体を壊してしまったという話があります。

ビタミンCは過剰摂取で腎不全などを引き起こす恐れがありますが、水素の場合は過剰に摂取してもそのまま体の外に出ていくだけ、つまり過剰摂取が起こらないというわけなのです。

水素水を飲みすぎても、水分の過剰摂取は起こる可能性はあれども水素の過剰摂取による健康被害が起こらないので安心して飲み続けることができます。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 女性の美しさを支えているアイテムのひとつに、お化粧品があります。 一般的には適齢期になった頃か…
  2. みずみずしい子ども達の体 ツヤのあるお肌を“みずみずしい”と表現しますね。適齢期を過ぎれば優れ…
  3. ようこそ、いらっしゃいませ! サイト運営者のたろ~と申します。 当サイトでは、コストや利便性な…

おすすめ記事

  1. オーストラリアは、世界一乾燥した大陸とも言われており、慢性的な水不足の問題を抱える地域の一つで、生活…
  2. ヨーロッパの国々では水道設備が普及しており、水資源にも恵まれているため、綺麗で安全な水を利用すること…
  3. 兵庫県の六甲山から採取される六甲の美味しい水は、長年にわたって美味しいミネラルウォーターとして親しま…
ページ上部へ戻る