水素水とミトコンドリアの関係性

  • 2015/4/21

「水素水が体に良い」ということを知っている人は多いのではないかと思いますが、水素水が「ミトコンドリア」と関係を持っていることを知っている人は少ないのではないでしょうか。

実は、水素水を飲むことでミトコンドリアを守り、それが私たちの体を健康に保つのに役立つのです。その仕組みについて簡単に説明していきましょう。

ミトコンドリアの働き

「ミトコンドリア」と聞くと、高校(だったと思いますが)の理科の授業で習ったことがあるのではないでしょうか。

その際、呼吸をしてエネルギーを作り出すということを学んだのではないでしょうか。

筆者の友人も、ミトコンドリアの活性化によって代謝を促進し、ダイエットの効果があるということを知っていたようです。しかしながら、これでは健康に対して大きな役割を持っているようにも見えません。

しかし、ミトコンドリアにはもうひとつの働きがあるのです。ミトコンドリアは細胞が何かしらのウイルスに侵食されたり、がん細胞化した場合において、細胞に自滅するように指示を下す働きがあるのです。

いわゆる自爆装置のような働きをしていて、これを「アポトーシス」と言います。異常な細胞を放置することで私たちは体調を崩してしまいます。

それを防ぐために、異常な細胞が増殖したり他の細胞に悪影響を及ぼす前に、その細胞を消滅させる働きがあるのです。

がんは高齢者の病気だと思われがちですが、若い世代であっても実は毎日がん細胞が生み出されているのです。

しかし、ミトコンドリアが正常に働いていれば、がん細胞が大きくなって増殖する前に自滅させることができるのです。

ミトコンドリアは活性酸素が苦手

活性酸素によって細胞が錆び付いてがん細胞化したとしても、ミトコンドリアが正常に働いていればアポトーシスによって大事には至りません。

しかし、活性酸素はミトコンドリアも傷つけてしまうのです。そうなれば、自爆装置たるミトコンドリアは機能せず、アポトーシスによってがん細胞は消滅せずに増殖を繰り返してしまいます。

ミトコンドリアは活性酸素の悪行を食い止める手段でありながら、同時に活性酸素の悪行の犠牲者にもなるのです。

水素水はミトコンドリアを守ることができる

がんの予防のためにはミトコンドリアを守ることが必要、そこで役に立つのが水素豊富な「水素水」です。

水素水を飲むことで体内の活性酸素を除去することは、細胞内のミトコンドリアを守り、正常なアポトーシスを促す働きを期待できるのです。

そうなれば、活性酸素の除去によって細胞のがん化を防ぎ、ウイルスに侵食された細胞はミトコンドリアの手によって除去されるという二段構えの防備によって細胞の健康を維持することができるのです。

もちろん、活性酸素の除去によってミトコンドリアが活性化すれば、代謝がアップしてダイエットにも効果を発揮してくれることでしょう。

ミトコンドリアを守ることは私たちが健康に過ごすために必要不可欠だということなのです。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 女性の美しさを支えているアイテムのひとつに、お化粧品があります。 一般的には適齢期になった頃か…
  2. みずみずしい子ども達の体 ツヤのあるお肌を“みずみずしい”と表現しますね。適齢期を過ぎれば優れ…
  3. ようこそ、いらっしゃいませ! サイト運営者のたろ~と申します。 当サイトでは、コストや利便性な…

おすすめ記事

  1. オーストラリアは、世界一乾燥した大陸とも言われており、慢性的な水不足の問題を抱える地域の一つで、生活…
  2. ヨーロッパの国々では水道設備が普及しており、水資源にも恵まれているため、綺麗で安全な水を利用すること…
  3. 兵庫県の六甲山から採取される六甲の美味しい水は、長年にわたって美味しいミネラルウォーターとして親しま…
ページ上部へ戻る