長寿を支える水

  • 2014/9/19

飲料水と長寿の関係が、数十年前から指摘されてきました。私たち人間の体の約3分の2は、水分で構成されています。

健康的な水を定期的に取り入れることは、私たちの健康や若さの維持に欠かせない要素となっています。

日本の長寿を支えているのは、綺麗で健康的な水であると言っても過言ではありません。

どんな種類の水をどのように飲むかが、私たちの長寿に大きな影響を与えているのです。

健康的に長生きするためにも、長寿を支える水の選び方や正しい飲み方について考えてみましょう。

 

定期的に十分な水分を補給する

老化の防止や長寿のために、定期的に十分な水を取り入れる必要があります。

体内の水分が不足するようになると、細胞の体液や全身の血液にも影響を与え、体や脳細胞の老化が進むことが認められています。

体の水分が不足すると、細胞が老化するだけでなく、脳細胞の老化も進んでボケが促進することもあるようです。

また、十分な水を摂取していないと、血液量が減少したり流れが悪くなったりするので、血液が濃縮して酸素や栄養が伝わりにくくなったり、血圧が下がったりしてしまいます。

体液や血液の流れが悪くなると、体内の水の代謝が阻害されるため、年齢のわりに老け込んでしまうことがあるのです。

長生きするためにも、若さや美容を保つためにも、定期的に十分な水を飲むようにしましょう。

なお、一般的には、一日に2リットルほどの水を飲むように勧められています

 

弱アルカリ性の水

人間の体は本来、弱アルカリ性という特徴を持っています。

疲れやストレスを感じたり、老化するようになると体自体が酸性になるため、弱アルカリ性の水を定期的に取り入れることで、体のバランスを整えることができます。

弱アルカリ性の水を飲むことで、老化を防止し細胞の若さを保つ効果を得ることができます。

最近ではアルカリイオン水生成器も普及していますから、アルカリイオン水と酸性水を上手に使い分けると良いでしょう。

この他にも、ミネラルを含んだ水を飲んでいる人は長寿になる傾向があるようです。

マグネシウムや鉄・銅など多種類のミネラルが含まれた水を定期的に飲んでいる人は、長寿の人が多いと言う調査結果があります。

 

カルシウムを含んだ水

日本では生活に適した軟水を豊富に取り入れることができ、水の質のよさが長寿に影響を与えていると言われています。

とはいえ、軟水は硬水にくらべると、カルシウムが不足しているので、自ら進んでカルシウムを摂取するように勧められています。

カルシウム成分を十分に含んだ水を定期的に取り入れるようにすると、簡単にカルシウムを補給することができます。

体液や血液にもカルシウムが含まれており、この成分のおかげで健康的な骨や歯を作ったり、生命活動を維持するために重要な栄養を供給することができています。

カルシウムが不足してしまうと、骨がもろくなったり骨折しやすくなったりします。

他にも動脈硬化や心筋梗塞・脳卒中を起こす原因ともなり得るのです。カルシウムを多く含んだ水を定期的に飲むことで、血液中のカルシウム量を適量に保つことができ、成人病などの危険を防ぐことができます。

 

毎日の生活で摂取する水の種類やミネラル成分が、私たちの健康と長寿に影響を与えています。

ミネラルやカルシウムを豊富に含んだ水を定期的に飲むようにすると、体液や血液の流れをスムーズにするだけでなく、体全身の細胞へ必要な酸素や栄養成分を送ることができます。

日本人が飲んでいる水の大半は軟水ですから、意識的にカルシウムを含んだ水を飲むようにして、不足を補うようにすると良いでしょう。

安全で健康的な水を定期的に取り入れて、長生きができる体作りをするようにしましょう。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 女性の美しさを支えているアイテムのひとつに、お化粧品があります。 一般的には適齢期になった頃か…
  2. みずみずしい子ども達の体 ツヤのあるお肌を“みずみずしい”と表現しますね。適齢期を過ぎれば優れ…
  3. ようこそ、いらっしゃいませ! サイト運営者のたろ~と申します。 当サイトでは、コストや利便性な…

おすすめ記事

  1. オーストラリアは、世界一乾燥した大陸とも言われており、慢性的な水不足の問題を抱える地域の一つで、生活…
  2. ヨーロッパの国々では水道設備が普及しており、水資源にも恵まれているため、綺麗で安全な水を利用すること…
  3. 兵庫県の六甲山から採取される六甲の美味しい水は、長年にわたって美味しいミネラルウォーターとして親しま…
ページ上部へ戻る