「そのまま飲む」以外にも役立つ水素水

  • 2015/4/25

健康に良いことで知られる水素水は、基本的にはそのまま飲む方法が取られます。

それによって体内の活性酸素を除去することができるのですが、しかし水素水にはただそのまま飲む以外にも数多くの使い道があるのではないでしょうか。

今回は水素水の持つ可能性について考察してみました。

飲み物に使う

飲むという目的は変わっていませんが、水として飲むのではなく、水を使う飲むものに水素水を活用するという方法です。

ネットで話題になっているのは水素水で淹れるコーヒーです。水素の入ったコーヒーで活性酸素を除去出来るだけでなく、苦味が抑えられて味がまろやかになるという人が多いです。

私の知人がこの方法にはまっていて、一度だけですが私も飲んだことがあります。

淹れるということで、緑茶や紅茶にも使えそうですね。また、水を混ぜる飲み物にも使えそうです。その代表としてはお酒の水割りです。

アルコールの摂取も活性酸素の発生につながりますから、水素水を混ぜることでそのリスクを少しでも抑えることができます。飲み方にもいろいろあるということですね。

料理に使う

煮込み料理では水を使いますから、その水に水素水を使うという方法です。

しかし、この方法では理論上、水素水の利点を活かせないのではないかとも考えられます。そもそも水素は拡散しやすい気体であり、きちんとした保存方法でなければあっという間に拡散してしまいます。

煮込み料理においては蒸発が起きますから、水素は容赦なく拡散していきます。仮に料理に水素が染み込むとしても、食べる前に拡散してしまうでしょう。

しかし、ネットでは水素水を料理に使うと味がまろやかになるという話も上がっています。確かに普通に水道水やミネラルウォーターを使うよりは味も洗練されそうなイメージではあります。

水素水の持つ活性酸素除去効果は期待できないでしょうが、料理をより美味しく仕上げるのには一役買ってくれそうですね。

洗顔に使う

これまでは普通に水素水を飲むのと同様に口に入れるものに水素水を使うというアプローチでしたが、それとは全く異なる、洗顔に水素水を使うという方法です。

肌は常に外気に触れており、それだけ酸素に触れる機会も多いことになります。そして、肌は紫外線を浴び続けることになります。

紫外線は肌にとって有害な物質であり、それに対抗するために活性酸素を発生させています。つまり、皮膚は常に活性酸素の脅威にさらされているということになるのです。

皮膚の活性酸素は皮脂の酸化によってシミの原因となったり、皮膚の細胞を酸化させることでシワなどの肌トラブルの原因となることもあります。

その中でも特に顔は服による保護がない分、活性酸素は多く発生することになります。そこで、水素水で洗顔を行うことで顔の肌の活性酸素を除去し、健康な肌を保つことが出来るのです。

ちなみに、同様の理由で目を洗うのにも水素水は効果的ですが、目を守る粘液を洗い流してしまうため、医学的には勧められない方法です。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 女性の美しさを支えているアイテムのひとつに、お化粧品があります。 一般的には適齢期になった頃か…
  2. みずみずしい子ども達の体 ツヤのあるお肌を“みずみずしい”と表現しますね。適齢期を過ぎれば優れ…
  3. ようこそ、いらっしゃいませ! サイト運営者のたろ~と申します。 当サイトでは、コストや利便性な…

おすすめ記事

  1. オーストラリアは、世界一乾燥した大陸とも言われており、慢性的な水不足の問題を抱える地域の一つで、生活…
  2. ヨーロッパの国々では水道設備が普及しており、水資源にも恵まれているため、綺麗で安全な水を利用すること…
  3. 兵庫県の六甲山から採取される六甲の美味しい水は、長年にわたって美味しいミネラルウォーターとして親しま…
ページ上部へ戻る