生活習慣病と水の関係

  • 2014/9/19

多くの人を悩ましている生活習慣病の改善に、水の働きが注目されています。

生活習慣病の主な原因には、食習慣や運動、ストレスなどのライフスタイルが関係しています。

ライフスタイルを整えると同時に、定期的に水を飲むことで、生活習慣病を予防できることが認められてきました。

体内に十分な水分を取り入れることで、体液や血液の循環をスムーズにして、若さや健康を維持することができるのです。

日本人の死亡者の約60%が、生活習慣病が原因で亡くなっているというデータもありますから、水の摂取の仕方が命に関わってくることもあるのです。

この記事では水と生活習慣の関係についてご紹介します。

 

糖尿病と水

定期的に十分な水を取り入れることで、糖尿病を予防することができます。

糖尿病はインシュリンというホルモンの不足や、機能の低下が原因で起こる病気です。

インシュリンが不足するようになると、体内の新陳代謝が妨げられるので、定期的に十分な水を飲むことで、体内の循環をスムーズにすることができるようになります。

脱水症状を避けるために、尿を出したら水を飲む、汗をかいたら水を摂取するという習慣を身に着けることで、糖尿病の進行を遅らせることができます。

高齢の方の中には脳が老化して、のどの渇きを感じにくくなっていることもありますから、意識的に水を取り入れる習慣を身に着けることが大切です。

大切なのは、定期的に水を飲んで、体液や血液の流れをスムーズにしてあげることです。

 

脳梗塞・心筋梗塞と水の関係

脳梗塞や心筋梗塞が起こるのは、血液が濃くなって凝固しやすくなる血栓が原因となっています。

水分の摂取が不足していたり、尿や汗などで脱水症状が起こるようになると、血液量が減少してしまい、血圧が下がったり血液が濃くなってしまったりします。

血液が凝固して血栓ができやすくなると、脳血管で血栓ができて脳梗塞を起こしてしまいます。

また、心臓の周りの動脈で血栓ができると心筋梗塞になってしまうのです。寝る前や起きた時に水を飲むことで、血液中の水分を補うことができ、血液の流れをスムーズにすることができます。

血液の濃度を下げたり、血圧を安定させることで、脳梗塞や心筋梗塞などの生活習慣病を予防することができるのです。

 

高尿酸血症と水の関係

高尿酸血症にも、十分な水を飲むことが効果的であることが認められています。

高尿酸血症とは、体内で作られたり食物から摂取される尿酸の排泄ができずに溜まうことが原因で起こる生活習慣病のことです。

尿酸が一定量を超えると、血液や尿中に溶けることができずに結晶化してしまい、痛風や尿路結石の原因となってしまいます。

これは、栄養過剰や動物性タンパク質、油脂類や菓子類などの過剰摂取が原因で起きてしまうのです。

定期的に十分な水を飲むことにより、尿酸の排泄をスムーズにして、高尿酸血症を防止することができます。

 

日本では数百万人が高尿酸血症と言われていますから、水を約2リットルほど飲むようにすると、尿が濃くなってしまうのを防ぐことができます。

多くの生活習慣病は、体液や血液の流れが悪くなることが原因で起こります。

定期的に水を取り入れることで、血液が濃くなるのを防いで、老廃物を排出するのを助けてくれます。

十分な水分を摂取していれば、不要物を尿や汗という形で出すことができるのです。寝ている時には乾燥する傾向がありますから、朝起きたらまずは一杯の水を飲むようにしましょう。

毎日の生活で水を定期的に飲むことで、細菌を洗い流して肥満を防ぐことができるのです。

十分な水を取り入れるだけでも生活習慣病を予防することができますから、適度な運動や食生活と相まって、水の取り入れ方やライフスタイルを見直してみるようにしましょう。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 女性の美しさを支えているアイテムのひとつに、お化粧品があります。 一般的には適齢期になった頃か…
  2. みずみずしい子ども達の体 ツヤのあるお肌を“みずみずしい”と表現しますね。適齢期を過ぎれば優れ…
  3. ようこそ、いらっしゃいませ! サイト運営者のたろ~と申します。 当サイトでは、コストや利便性な…

おすすめ記事

  1. オーストラリアは、世界一乾燥した大陸とも言われており、慢性的な水不足の問題を抱える地域の一つで、生活…
  2. ヨーロッパの国々では水道設備が普及しており、水資源にも恵まれているため、綺麗で安全な水を利用すること…
  3. 兵庫県の六甲山から採取される六甲の美味しい水は、長年にわたって美味しいミネラルウォーターとして親しま…
ページ上部へ戻る