水素水を使ったアトピーのケアについて

  • 2015/4/25

水素水が体に良いことで知名度を高めていますが、実はある病気のケアにおいて水素水が有効であるとされています。

その病気は「アトピー」です。筆者も最近知りましたが、医療の現場においてもアトピーの治療に水素水を用いることが注目されています。

今回は、水素水がなぜアトピーのケアに有効であるのか、そのメカニズムと有効性、注意点について説明します。

アトピーと活性酸素

そもそもアトピーとはなんなのか、簡単に言えばアレルギー反応による皮膚炎です。

人間の体の中では侵入したウイルス等に対抗するために免疫機能が働くのですが、これが過剰に機能することによって攻撃する必要のない正常な細胞までも攻撃してしまい、皮膚が炎症を起こします。

炎症が起こる際、活性酸素も大量に発生するのです。しかも、大量に発生した活性酸素は酸化力が高く、本来はウイルスなどを攻撃するための酸化力を正常な細胞にまで及ぼしてしまい、その結果、炎症が拡大してしまうのです。つまりアトピーにおいて活性酸素は炎症を拡大させて症状を悪化させる原因となってしまうのです。

水素水で活性酸素を除去

そこで水素水の登場というわけです。水素が体内に入り込むと参加力の強くなりすぎた「悪玉活性酸素」のみに反応し、水に変えてしまいます。

アトピーのそもそもの原因を解決するわけではありませんが、活性酸素による炎症の拡大を抑える効果は十分に発揮してくれるのです。

本格的な症状の改善については別の方法を用いるとして、水素水はそのケアによってつ量をサポートするという立ち位置に当たるのです。水素水をアトピーのケアに用いるのにはメリットがあるのです。

炎症を抑える方法としてはステロイドや抗炎症薬などを用いますが、副作用の心配が全く無いわけではありません。一方、水素が悪玉活性酸素と反応した場合、無害な水に変わります。

水ですから、免疫機能を刺激して炎症を悪化させることもありませんし、何ら健康被害を及ぼすようなことはありません。つまり、副作用がないということなのです。

水素水を利用する際の注意点

しかし、水素水は万能薬ではないのですから、その利用法についてはいくつかの注意点があります。

まず、水素水によってアトピーが完治するというわけではないということです。アトピーの原因はアレルギー反応なのですから、免疫機能を正常にしなければ症状は改善されません。

水素水はあくまでも活性酸素の除去が仕事なのですから、根本的な治療にはならないということを忘れないでください。次に、現在の治療法を勝手にやめないことです。

水素水があるからと、担当医の指示を無視して勝手に使用中の薬をやめてしまえば症状が悪化する可能性が高くなります。担当医に相談をして水素水によるケアを導入してください。

最後に、飲みすぎに注意してください。アトピーの症状が辛いからといって水素水をがぶ飲みしてしまえば「水中毒」に陥る可能性があります。

これは体内のナトリウム濃度が低下し、細胞が水で膨れ上がって最悪の場合は死に至る病気です。水を飲む量が多すぎないように注意してください。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 女性の美しさを支えているアイテムのひとつに、お化粧品があります。 一般的には適齢期になった頃か…
  2. みずみずしい子ども達の体 ツヤのあるお肌を“みずみずしい”と表現しますね。適齢期を過ぎれば優れ…
  3. ようこそ、いらっしゃいませ! サイト運営者のたろ~と申します。 当サイトでは、コストや利便性な…

おすすめ記事

  1. オーストラリアは、世界一乾燥した大陸とも言われており、慢性的な水不足の問題を抱える地域の一つで、生活…
  2. ヨーロッパの国々では水道設備が普及しており、水資源にも恵まれているため、綺麗で安全な水を利用すること…
  3. 兵庫県の六甲山から採取される六甲の美味しい水は、長年にわたって美味しいミネラルウォーターとして親しま…
ページ上部へ戻る