ビタミンと水の関係

  • 2014/9/19

私達が水は安全に飲むためには、生活排水による汚染によって原水となる河川の水から安全な水道水を作る必要があります。

これには高度な浄化技術が必要ですが、現在行われている方法は塩素の投入が主流です。

しかし、その塩素は酸化物であり米や野菜などの食材のビタミンを破壊することが科学的にわかっています。

ただでさえ力のない土壌で育った野菜の栄養価が下がっている中で昔のような栄養を摂取するには量を増やさなければならないことも言われています。

であれば食材の処理にもビタミンを破壊しない安価な水が必要となってきます。

この記事では、ビタミンを壊さない水の飲み方について分かりやすく解説しています。

 

ビタミンとは何か

体内や自然水に含まれるビタミンは、体の調子を整えるのに決して欠かすことのできない栄養素です。

ビタミンには13の種類がありますが、体の中における働きは種類によって異なっています。

体が必要とするビタミンの量は多くありませんが、体の中では作ることができなかったり、作れても量が少なかったりするため、基本的には水や食べ物からとる必要があります。

ビタミンには、水に溶ける水溶性ビタミンと、水に溶けずに油に溶ける脂溶性ビタミンの種類があります。

水溶性ビタミンは尿などに排出されやすい特徴があり、体の中にためておくことはできません。

そのため、必要な量を毎日とることが大切になります。脂溶性ビタミンには、油と一緒に摂取すると吸収率が高くなるという特徴がありますが、排出されにくいので、摂取しすぎると過剰になることがあります。

 

塩素とビタミンの関係

私たちが使用している水道水の中には、殺菌消毒をするための塩素が含まれています。

この塩素が体内にあるビタミンや、野菜などに含まれているビタミンを奪ってしまうことがあるのです。

水道水に含まれる塩素には、ビタミンを破壊してしまう性質があるため、私たちがビタミン成分を摂取するのを妨げてしますのです。

水道水を安全に飲むためには、どうしてもこの塩素が必要になりますが、近年では使用する塩素の量は徐々に少なくなっていますし、多少の残留塩素があっても安全に水を飲むことはできますから、心配しすぎる必要はありません。

とはいえ、水道水で野菜やお米を洗うとビタミンが破壊されることがあるので、塩素を含まない水を使うようにすることが必要です。

 

ビタミンを壊さない水

塩素を含んだ水道水を定期的に飲んでいると、体内のビタミン成分が破壊されてしまうことがあります。

また、お米や野菜のビタミンも減少してしまう可能性があるので、残留塩素が少ないビタミンを破壊しない水を選ぶ必要があります。

その一つの方法は、家庭用浄水器を利用して、水道水に含まれる塩素の量を減らすことです。浄水器の種類にもよりますが、通常の浄水器の場合は塩素やカルキ臭さを抜くことができます。他にも、自然水を使用したり、ミネラルウォーターを購入する方法でも、塩素を含まない水を取り入れることができるでしょう。

ビタミン成分は体の健康を保つためにも、とても重要な栄養素の一つですから、水道水の塩素対策を考えてみるようにしましょう。

 

人間の健康や美容を保つためには、栄養素を効果的に取り入れることのできる水を選び、定期的に摂取することが重要です。

水道水に含まれる塩素には、ビタミン成分を破壊してしまう性質がありますから、大切な栄養成分の吸収を妨げてしまわないように、しっかりと塩素対策を施すようにしましょう。

最近では様々な健康水の生成器が販売されていますから、体によく栄養成分を取り入れやすい水を選ぶようにしましょう。

体内のビタミンが失われてしまわないように、定期的に綺麗で健康な水を取り入れれば、栄養素を十分に維持することができて若さと美容を保つことができるでしょう。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 女性の美しさを支えているアイテムのひとつに、お化粧品があります。 一般的には適齢期になった頃か…
  2. みずみずしい子ども達の体 ツヤのあるお肌を“みずみずしい”と表現しますね。適齢期を過ぎれば優れ…
  3. ようこそ、いらっしゃいませ! サイト運営者のたろ~と申します。 当サイトでは、コストや利便性な…

おすすめ記事

  1. オーストラリアは、世界一乾燥した大陸とも言われており、慢性的な水不足の問題を抱える地域の一つで、生活…
  2. ヨーロッパの国々では水道設備が普及しており、水資源にも恵まれているため、綺麗で安全な水を利用すること…
  3. 兵庫県の六甲山から採取される六甲の美味しい水は、長年にわたって美味しいミネラルウォーターとして親しま…
ページ上部へ戻る