メリットだけじゃない!炭酸水を飲むことのデメリットの考察

  • 2015/5/7

現在、炭酸水を飲むことが結構の促進や便秘の解消など数多くの健康的な効果があることから、炭酸水は注目されています。

しかしながら、天邪鬼な筆者は「良いものには悪い点もあるはず」と勘ぐってしまいます。炭酸水を飲み続けることが果たしてどのようなデメリットがあるのかについて考察してみました。

炭酸で酔う「炭酸酩酊」

何の漫画かアニメだったか忘れましたが、とあるキャラクターが「炭酸を飲むことで酔っ払う」という特性を持っていました。

何のギャグかと思いましたが、実は誰でも炭酸水を飲むことで酔っ払ってしまうことは十分に考えられるのです。

それこそが「炭酸酩酊」と呼ばれる症状です。血中に炭酸が入り込むことで発症するようですが、目安としては1.5Lほどの炭酸水を一気に飲まない限り酩酊状態にはならないようです。

炭酸の強さにも関係するのでしょうが、一度にそこまで飲むようなことはないでしょうが、パーティーなどで普段以上に飲み食いをするような場面では注意が必要かもしれません。

ゴミがかさばる

一般的に炭酸水を入手する方法としては、食品スーパーなどでペットボトルや缶飲料の炭酸水を購入することです。

炭酸水を健康や美容のために飲むということは、それを毎日飲み続けなければ効果は期待できません。

さて、市販されている炭酸水を飲み続けるということは、それだけペットボトルや缶がゴミとして発生することになります。

飲み続ければ飲み続けるだけゴミがいつまでもかさばるようになります。

対処法としては炭酸水メーカーを購入するか、重曹とクエン酸で炭酸水を手作りするなどして、ペットボトルや空き缶のゴミを減らすことが考えられます。

栄養不足の心配

炭酸水の魅力の一つとして、炭酸によってお腹を膨れさせ、食べる量を減らしてダイエットに効果的ということが挙げられます。

さて、筆者は炭酸のジュースではなく、いわゆる「普通の炭酸水」を愛飲しています。普通の炭酸水はカロリーが全くない代わりに、そのほかの栄養も全くありません(若干ミネラル分は含まれますが)。

そんなカロリーも栄養もないようなものを食事の代わりのような立ち位置で運用するとどうなるかと言えば、食べる量を減らした分だけ栄養を摂取する機会を失うということに繋がります。

ダイエット中に栄養が不足すれば、後々リバウンドの恐怖に悩まされることになるでしょう。

とは言え、過度なダイエットをしない限り栄養失調を起こすようなこともないでしょうから、これはどちらかと言えば無理やりな言い分になるかもしれませんね。

下痢を起こす

炭酸水を飲むことの魅力の一つとして、便秘の解消が挙げられます。

これは炭酸が胃腸を刺激することでもたらされる効果なのですが、元から便秘に悩んでいない人の場合、お腹がゆるくなって下痢を起こす可能性もあります。

これも飲みすぎない限りはそこまで致命的な影響もないかもしれませんが、元から体質的にお腹がゆるくなりやすい人は炭酸水と相性が良くないかもしれません。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 女性の美しさを支えているアイテムのひとつに、お化粧品があります。 一般的には適齢期になった頃か…
  2. みずみずしい子ども達の体 ツヤのあるお肌を“みずみずしい”と表現しますね。適齢期を過ぎれば優れ…
  3. ようこそ、いらっしゃいませ! サイト運営者のたろ~と申します。 当サイトでは、コストや利便性な…

おすすめ記事

  1. オーストラリアは、世界一乾燥した大陸とも言われており、慢性的な水不足の問題を抱える地域の一つで、生活…
  2. ヨーロッパの国々では水道設備が普及しており、水資源にも恵まれているため、綺麗で安全な水を利用すること…
  3. 兵庫県の六甲山から採取される六甲の美味しい水は、長年にわたって美味しいミネラルウォーターとして親しま…
ページ上部へ戻る