水を良く飲むと良いのはなぜか

  • 2014/9/19

健康を維持するために、毎日沢山の水を飲むようにすると良いとよく言われます。

極端に言うなら、沢山の水を飲んで悪いことなどほとんどないと言っても過言ではないでしょう。

日頃あまり水を飲む習慣のない人や、糖分の多い飲料水を飲むのが好きな人は、水をたくさん飲むようにするだけで、健康を増進できるようになります。

また、生活習慣病になりやすい人や肥満気味の人も、定期的に水を飲むようにすることで、病気や老化の予防をすることもできます。

水を飲む習慣を身に着けるだけでも、若さや健康を維持することができるわけですから、水をしっかりと飲むべき理由について、理解してみましょう。

 

水を飲むと良いのはなぜか

人間の体の約65%は水で形成されており、体内に200兆もあると言われる細胞には水が満たされています。

体内の水分が不足すると、細胞内の水分が足りなくなり、細胞が老化したようになります。

しっかりと水を飲むと細胞を若く保つことができますし、体液や血液の流れをスムーズにすることができるので、必要な酸素や栄養成分を体全体に行き渡らせることができます。

体液や血液の流れがよくなると、体内の老廃物を排出しやすくなり、体内を綺麗に保てるようになります。

その結果、肥満の防止につながったり、生活習慣病の予防をすることができます。細胞の水分や栄養成分が満たされることで、若さと美容を保つことができるのです。

 

1日に必要な水の量

では、1日にどのくらいの水の量を飲むと良いのでしょうか。

一般的には、1日に2リットルほどの水を飲むのが良いと言われています。

一気に2リットルの水を飲むのは容易ではありませんが、1日に数回分けて飲むようにすると楽に水分を吸収することができます。

朝起きてすぐに、まずは一杯の水を飲むようにしましょう。また、寝る前にも一杯の水を飲んでから寝ると、夜の間に乾燥を防ぐことができます。

食事をする時や休憩をする時間に定期的に水を飲むようにすると、無理をすることなく2リットル以上の水分を取り入れることができるでしょう。

体の約3分の2は水分で構成されているので、水をしっかりと摂取することで、体液や血液の流れをスムーズにして、健康を保つことができるようになります。

 

健康的な水の飲み方

朝起きてすぐに水を飲むことを習慣にすると、乾燥を潤すことができるだけではなく、胃腸が動き始めて食欲が出てきますし、排泄もスムーズにできるようになります。

1日数回に分けて水を飲むことができますが、特に運動やお風呂に入るなどをして汗をかいた後には、できるだけ水分を補給するようにしましょう。

沢山の汗をかいた時には、多少の塩分を入れるようにすると、水が電解質になって吸収を早めることができます。

のどが渇いたときに水分を補給する謝が上手くいくようになります。

内側から水分を補給するだけではなく、皮膚の外からもウォータースプレーや保湿剤などで水分を補給するようにすると、より効果的に若さと美容を維持することができます。

 

人間の体の大部分は水分でできていますから、水をしっかりと飲むことで体内の水の循環や新陳代謝を高めることができるようになります。

体液や血液の流れが順調になると、必要な酸素や栄養素を効率よく全身に運ぶことができ、細胞から健康を維持することができるようになります。

細胞の水分が満たされると、皮膚も若くなりますから、自然と美容の効果が得られるでしょう。

最初は1日に5リットルの水を飲むのを難しく感じるかもしれませんが、数回に分けて飲む習慣を身に着けて慣れてくると、無理することなく水分を吸収できるようになるでしょう。毎日しっかりと水を飲んで、体の水の流れをスムーズに整えましょう。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 女性の美しさを支えているアイテムのひとつに、お化粧品があります。 一般的には適齢期になった頃か…
  2. みずみずしい子ども達の体 ツヤのあるお肌を“みずみずしい”と表現しますね。適齢期を過ぎれば優れ…
  3. ようこそ、いらっしゃいませ! サイト運営者のたろ~と申します。 当サイトでは、コストや利便性な…

おすすめ記事

  1. オーストラリアは、世界一乾燥した大陸とも言われており、慢性的な水不足の問題を抱える地域の一つで、生活…
  2. ヨーロッパの国々では水道設備が普及しており、水資源にも恵まれているため、綺麗で安全な水を利用すること…
  3. 兵庫県の六甲山から採取される六甲の美味しい水は、長年にわたって美味しいミネラルウォーターとして親しま…
ページ上部へ戻る