老化とは乾燥の過程

  • 2014/9/19

年齢と共に体が老化していくと、体内や皮膚の水分が減っていくようになります。

生まれたばかりの新生児では約80%、成人で約60%もあった体の水分が、老人になると約50%以下になることもあり、老化とは乾燥することであるとも言えます。

体内の水分には、基本的な新陳代謝の働きがありますが、年齢と共に新陳代謝の機能が衰えるために、体の水分が少なくなってしまいます。

ここでは、老化と水分の関係について考えてみましょう。

 

細胞内のカリウムイオン

人間の体内には200兆ほどの細胞があり、細胞内には水分が満たされており、カリウムイオンという微量成分も含まれています。

老化するようになると、細胞内の水分が減るようになって乾燥すると、このカリウム成分も失われてしまい、細胞の生命力が減少していくのです。

細胞内のカリウム成分の減少は、老化の指標と言われるほど、老化と深く関係しているのです。

そのため、カリウムを含んだ水を定期的に飲んでいる人は、年齢と比べても老化が遅いという傾向があります。

それとは逆に、細胞内のナトリウム成分が増えてしまうと、老化している証拠になります。

乾燥して細胞内の水分が少なくなると、ナトリウムが細胞内に入りやすくなり、神経痛や筋肉など老化の現象を引き起こすようになります。

このように、老化と乾燥は大いに関係しているのです。

 

美容効果のある水

皮膚の美容には水の補給が大きく関係しています。補給する水分が不足すると、細胞や皮膚が乾燥するようになり、老化などの原因になってしまいます。

生まれたばかりの赤ん坊や子供は、とてもすべすべしたみずみずしい肌をしていますが、大人へと成長につれて徐々に乾燥して水分が失われるようになります。

年齢と共に皮膚が乾燥してかさかさになったり、吹き出物やシミが出たり、小じわなども増えるようになってきます。

これら老化の症状は、細胞内の水分が減って皮下組織が縮んでしまうことが原因となっています。

吹き出物も水分の新陳代謝が上手くいっていないことの証拠で、乾燥が関係しています。

定期的に十分な水分を取り入れることで、細胞や皮膚にしっかりと水分を供給することができ、若さや美容の効果を得ることができます。

 

綺麗な水を飲んで老化の防止

老化防止のために十分な水分を取り入れる必要がありますが、できるだけ綺麗で純粋な水を吸収する必要があります。

水の代わりにジュースやコーヒーなどを飲んで、水分をとっている気持ちになるかもしれませんが、逆に糖分を取りすぎてしまうことがあり、細胞や肌を痛めてしまう原因になります。

また、これらの飲料水は大量に飲むことができないので、水そのもので水分補給をする必要があるのです。

若さを保つためには、何よりも血液をスムーズに流す必要がありますから、綺麗で安全な水を十分に吸収して、血液や体液の水の質を綺麗なものに取り替えることが大切になります。

他にも、水道水に含まれる塩素や化学物質、清涼飲料水の食品添加物も血液を汚してしまう傾向があるので、できるだけ純水で綺麗な水を摂取するようにしましょう。

 

体内や皮膚が乾燥して水分が少なくなることが、老化と関係していることが分かりました。

年齢と共に乾燥しやすくなるのは仕方のないことですが、定期的に十分な水分を取り入れることで、細胞や皮膚に水分を満たすことができ、若さや美容を保つことができるようになります。

体が必要としているのは、純粋で綺麗な水ですから、できるだけ水そのものを飲むようにして、血液や体液の流れをスムーズにしてあげましょう。

体内に十分な水分が満たされていると、老化を防止して若さや美容を保つ効果を得ることができるでしょう。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 女性の美しさを支えているアイテムのひとつに、お化粧品があります。 一般的には適齢期になった頃か…
  2. みずみずしい子ども達の体 ツヤのあるお肌を“みずみずしい”と表現しますね。適齢期を過ぎれば優れ…
  3. ようこそ、いらっしゃいませ! サイト運営者のたろ~と申します。 当サイトでは、コストや利便性な…

おすすめ記事

  1. オーストラリアは、世界一乾燥した大陸とも言われており、慢性的な水不足の問題を抱える地域の一つで、生活…
  2. ヨーロッパの国々では水道設備が普及しており、水資源にも恵まれているため、綺麗で安全な水を利用すること…
  3. 兵庫県の六甲山から採取される六甲の美味しい水は、長年にわたって美味しいミネラルウォーターとして親しま…
ページ上部へ戻る