健康に良い水とは

  • 2014/9/19

毎日の健康を保つためには、定期的に十分な水分を取り入れることが大切です。

私たちの体にとって優しい水とは、体調を変化させることなく、健康的に暮らせるようなミネラルを豊富に含んだ水ということができます。

私たち人間の体は3分の2が水分で成り立っていますから、健康に良い水が私たちの命と生活を支えると言うことができます。

最近では、ミネラルウォーターも様々な種類が販売されていますし、色々な浄水器も利用されています。では、私たちの体にとって健康に良い水とはどんな水なのでしょうか。

 

健康に良い軟水と硬水

日本では生活用水に適した軟水が豊富に恵まれているので、自然水や水道水から、いつでも軟水を飲むことができます。

水道水から利用できる軟水を毎日しっかりと飲むだけでも、体の汚れを洗い流して、体液や血液の流れをスムーズにすることができます。

全身に必要な酸素や栄養成分が行き渡りますし、細胞の水分が満たされると、若さや美容を保つ効果も得ることができます。

日本人は硬水を飲みなれていないかも知れませんが、硬水にはマグネシウムやカルシウムなどの栄養素が含まれており、健康に必要な成分を取り入れることができます。

最初は胃腸に負担をかけることがありますが、ダイエットやシチューなどに適していると言われています。

目的に応じて軟水と硬水を飲み分けることで、より健康に良い水を摂取することができます。

 

健康に良いミネラルウォーター

ご自分の体の健康維持のためにも、ミネラルを含んだおいしいお水をたくさん飲むようにすることが重要です。

最近では、色々な種類のミネラルウォーターが販売されていますが、ミネラルウォーターならどれでも健康に良い成分を含んでいるとは限りませんから、ミネラル成分をしっかりと含んだ商品を選ぶように心がけましょう。

最初はなかなか、沢山の水を飲むのは大変だと感じるかもしれませんが、飲み慣れてくると、水の中にある甘味を感じることができるようになります。

定期的に水を飲むようになると、添加物の含まれたジュースなどは飲みたくなくなることもあります。

水の柔らかさや美味しさが分かるようになると、水を飲むことで爽快な気分を感じることができるようになるでしょう。

 

体の成分に適した水

最も体に良い水とは、古代の海水や母親の胎内にある羊水と同じだけのミネラル成分を含んだ水とされています。

私たちの体を構成している体液は、自然と海水に近いミネラル成分を含むようにできています。健康的な水を飲むためには、できるだけ体液と同じミネラル成分を含んだ水を摂取するようにすると、水分だけでなく栄養素も取り入れることができるようになります。

水道水には塩素が含まれていますが、塩素はたんぱく質と結合して、活性酸素の細胞を破壊する特徴があります。

より健康的に水を取り入れるためには、残留塩素を減らす対策をするようにしましょう。

この他にも、有害物質を含まない水を選ぶことや、硬度が高すぎないアルカリ性の水を取り入れることも大切です。

 

健康に良い水をしっかりと飲むことで、体内の水の流れをスムーズに整えることができるようになります。

また、体内の老廃物をしっかりと出すことができるので、体を綺麗に保てるだけではなく、汗と共に体臭を薄くすることもできます。

体内の細胞が水分と栄養に満たされるようになると、皮膚の若さや美容を保つことができますし、血液がさらさらになったり、血行がよくなって不眠症や疲れやすさなどを改善することができます。

ミネラル成分をしっかりと含んだ健康的な水を、定期的にしっかりと飲むようにすると、毎日の生活を元気よく生き生きと過ごせるようになるでしょう。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 女性の美しさを支えているアイテムのひとつに、お化粧品があります。 一般的には適齢期になった頃か…
  2. みずみずしい子ども達の体 ツヤのあるお肌を“みずみずしい”と表現しますね。適齢期を過ぎれば優れ…
  3. ようこそ、いらっしゃいませ! サイト運営者のたろ~と申します。 当サイトでは、コストや利便性な…

おすすめ記事

  1. オーストラリアは、世界一乾燥した大陸とも言われており、慢性的な水不足の問題を抱える地域の一つで、生活…
  2. ヨーロッパの国々では水道設備が普及しており、水資源にも恵まれているため、綺麗で安全な水を利用すること…
  3. 兵庫県の六甲山から採取される六甲の美味しい水は、長年にわたって美味しいミネラルウォーターとして親しま…
ページ上部へ戻る