ウォーターサーバーで硬水を飲みたいときには

  • 2015/7/31

お水には軟水と硬水があるのはご存知でしょうか。

そもそも、軟水と硬水って何?と思う方がいるかもしれませんが、非常にざっくり言って、しまうと軟水はミネラルが少ないお水で硬水はミネラルが多いお水です。

ちなみに、WHO(世界保健機関)の定めるお水の硬さは、0~60が軟水、60~120が中硬水、120~180が硬水、そして180以上が非常な硬水と定義しています。

日本の天然水はそのほとんどが軟水ですので、硬水を飲もうと思ったら外国のお水を飲むのが一般的です。

1990年代に一世を風靡した「エビアン」や、女性御用達の「コントレックス」などがその代表例です。

硬水が飲めるウォーターサーバーはあるのか

よりおいしくお水を飲める機械がウォーターサーバーですので、硬水を味わえるウォーターサーバーがあればいい、そんな方もいらっしゃいます。

しかし残念なことに、現在では硬水を飲める宅配のウォーターサーバーメーカーは皆無です。

なぜかといえば、そもそも需要がありません。

前述したように、日本には硬水の湧き出る環境が非常に少ないため、日本人の体は軟水に慣れきっています。

海外旅行でちょっと水道水を飲んでお腹を壊すのは、水に細菌が入っているからではなく、硬水を急に飲んだためにお腹がびっくりするのも一因です。

また、日本の料理で肝となるのが「だし」ですが、だしも軟水でとった方がずっとおいしく仕上がります。

飲用としても料理用としても、日本人には軟水が合っているのです。

また、硬水をサーバーで使用するとサーバーが壊れる可能性があるのも、ウォーターサーバーで硬水が広まらない一因です。

例えばフランスの水道水からは硬水が出てくるのですが、しばらく使っていると蛇口や水道管の内部が白くなります。

これは、お水に含まれるミネラル分が石灰化したもので、放っておくと水道管のつまりの原因にもなります。

ちなみにフランスでは、専用のミネラルを溶かす薬剤を使います。

これとかなり程度は異なりますが、硬水を使ったウォーターサーバーでも起こりうるのです。

特にお湯を使うと、石灰化が進行しやすくなる傾向になりますので、定期的なメンテナンスは欠かせないでしょう。

メンテナンスのコスト面の問題もあり、硬水の導入には至っていません。

中硬水ならなくもない

それでもどうしてもウォーターサーバーで硬水が飲みたいのであれば、スーパーなどでエビアンやコントレックスを買って、それをサーバーの空き容器に入れて使うことを考えるでしょうが、これはお勧めできません。

前述したように、硬水は石灰化の可能性が軟水よりも高く、定められた使用法以外で使用した際の故障については、メーカーでは無料修理の対象外となります。

あえてそこまでのリスクを冒して飲むメリットもありません。

どうしても硬水が飲みたいのであれば、「中硬水」ではありますが、コスモウォーターの「金城の水」であれば硬度83であり、WHO基準で中硬水の範囲には収まります。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 女性の美しさを支えているアイテムのひとつに、お化粧品があります。 一般的には適齢期になった頃か…
  2. みずみずしい子ども達の体 ツヤのあるお肌を“みずみずしい”と表現しますね。適齢期を過ぎれば優れ…
  3. ようこそ、いらっしゃいませ! サイト運営者のたろ~と申します。 当サイトでは、コストや利便性な…

おすすめ記事

  1. オーストラリアは、世界一乾燥した大陸とも言われており、慢性的な水不足の問題を抱える地域の一つで、生活…
  2. ヨーロッパの国々では水道設備が普及しており、水資源にも恵まれているため、綺麗で安全な水を利用すること…
  3. 兵庫県の六甲山から採取される六甲の美味しい水は、長年にわたって美味しいミネラルウォーターとして親しま…
ページ上部へ戻る