ウォーターサーバーを途中解約する場合に備えて契約内容を理解する

  • 2015/8/9

何事においても契約事には慎重になりたいものですが、特に、多額の契約や長期間にわたる契約に関しては慎重の上にも慎重を期す必要があります。

ウォーターサーバーの契約もその一つで、多額の契約というよりは長期間の契約に該当します。

メーカーにもよりますが、最低1年間は契約していないといけませんので、契約内容を良く理解した上で購入するようにしましょう。

ウォーターサーバーの契約はキャンセルできる

よくスーパーなどでウォーターサーバーが展示されており、試飲会を開催していたりしますよね。

そして、飲んだらおいしかったのでその場で契約してしまった。ということもありえます。

しかしよくよく考えてみると、ウォーターサーバーは必要ないので解約したい。

この場合、原則として解約は可能です。

前述したように、最低1年間は契約しないといけないメーカーが多いのですが、1年未満でも解約金を支払えば解約できます。

解約金はメーカーによっても異なりますが、5000円から10000円程度はかかります。

ウォータサーバーは訪問販売?

しかし、使いたくもないウォーターサーバーに10000円も支払うのはバカらしい。

そう考えるならば解約ではなく、そもそも契約をなかったことにしてもらいたいですよね。ここでカギとなるのが「訪問販売」です。

スーパーなどの展示会で契約をしたら、それは自宅ではないので業者が訪問してきたわけではありません。

しかし、「訪問販売」とはお客の自宅に飛び込むだけではなく、喫茶店や路上、あるいはスーパーのイベントスペースなど、店舗以外での契約全般をさしています。

もし訪問販売となれば、業者は契約書に「クーリングオフ」に対応する旨を記さないといけません。

クーリングオフになると、サーバーのレンタル代金やお水の代金も全額返金となります。

ただし、業者のサイトで契約をするとそこは「業者の店舗」扱いとなりますので、クーリンオフの義務はありません。

ウォーターサーバーは販売とレンタルが混在

ウォーターサーバーは特殊な商品で、販売とレンタルが混在している商品です。

お水は販売をしますが、ウォーターサーバー本体はレンタルが一般的です。物販とレンタルの2種類の契約を、業者は1つの契約書でまとめないといけないのです。

これが非常に複雑で、業者によっては契約事項に齟齬が生まれます。

例えば「解約条項」。

業者からすれば、ウォーターサーバーのレンタルは契約解除をしてサーバーを返してもらうこともが可能ですが、お水の販売は飲んでしまったら元には戻りませんので、解除の意味がありません。

ウォーターサーバー本体部分の契約に関しては、購入者に不利な条項は記載できず、記載されている場合は無効なります。

業者によっては、法律の理解不足でフォーマットどおりでない契約書を作成している場合があります。

そうなると契約書そのものの効力が疑わしくなり、クーリングオフの期間が1週間程度から5年くらいにまで伸びてしまいます。

面倒かもしれませんが、ウォーターサーバーの契約書はじっくりと目を通すことをおすすめします。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 女性の美しさを支えているアイテムのひとつに、お化粧品があります。 一般的には適齢期になった頃か…
  2. みずみずしい子ども達の体 ツヤのあるお肌を“みずみずしい”と表現しますね。適齢期を過ぎれば優れ…
  3. ようこそ、いらっしゃいませ! サイト運営者のたろ~と申します。 当サイトでは、コストや利便性な…

おすすめ記事

  1. オーストラリアは、世界一乾燥した大陸とも言われており、慢性的な水不足の問題を抱える地域の一つで、生活…
  2. ヨーロッパの国々では水道設備が普及しており、水資源にも恵まれているため、綺麗で安全な水を利用すること…
  3. 兵庫県の六甲山から採取される六甲の美味しい水は、長年にわたって美味しいミネラルウォーターとして親しま…
ページ上部へ戻る