ウォーターサーバーの最低契約期間と解約金

  • 2015/8/9

大手通人事業者でスマートフォンを購入する際、ほとんどの方が2年契約で購入していることでしょう。

2年契約にすることで端末料金が割安に、あるいは0円で手に入れられるのは大きなメリットですよね。

しかし、2年契約は「2年縛り」でもありまして、2年以内に解約をしようとすると10000円程度の違約金を取られてしまいます。

おまけに、端末を割賦契約で購入した場合、残りの端末料金は支払わなければなりません。

ウォーターサーバーにも最低契約期間と解約金がある

携帯電話ほど露骨なものではありませんが、ウォーターサーバーにも最低の契約期間と解約金が存在します。

ほとんどのメーカーが、1年間を最低の契約期間としており、この期間内に解約をしようとすると5000円の解約金が発生します。

携帯電話の場合、最初の2年縛りを克服したとしても、1か月の猶予期間の後に再び2年縛りが自動更新されてしまいます。

2回目の2年縛りの際に解約しようと思っても、10000円程度の違約金が発生します。契約満了期間の1週間前に解約しようとしても、一律で10000円かかってしまいます。

それと比べると、ウォーターサーバーの場合は最初の契約期間を満了すれば、あとは好きなタイミングで解約できるようになり、解約金も発生しません。

また、残りの最低契約期間に応じて、解約金も安くなるシステムを採用しているところもありますので、携帯電話と比べると気軽に始められるシステムですね。

クリクラは解約金がかからない

そんな中、大手ウォーターサーバーメーカーの中で異彩を放っているのが「クリクラ」です。

軒並み解約金を設定している中、クリクラは何と解約金が発生しません。

クリクラで解約をする際には、コールセンターに電話をして近くの代理店の方に引き取りに来てもらうのですが、その際の配送料なども一切かかりません。

ちなみに、ウォーターサーバーメーカーの中には、解約金とは別に配送料を徴収するところもありますので、解約の際にはそのあたりも確認しておくといいでしょう。

プレミアムウォーターは3年契約もある

そんななか、3年契約があるのが「プレミアムウォーター」です。

プレミアムウォーターでは、味や品質に関する世界的な賞を2年連続でW受賞しているほど、水には自信のあるメーカーです。

プレミアムウォーターでは、「プレミアム3年パック」という契約方法がありますが、これはサーバーではなくお水の3年契約という意味です。

基本的には12リットルボトル1本で税抜1900円からなのですが、プレミアム3年パックにすると1620円から購入できます。ちなみに、解約する場合には税抜15000円の解約金が発生します。

期間は短いものの、ウォーターサーバーには最低契約期間があるものがほとんどです。

ウォーターサーバーで失敗しないためにも、お試しキャンペーンがあるところではそれを活用して見極めをすることも重要でしょう。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 女性の美しさを支えているアイテムのひとつに、お化粧品があります。 一般的には適齢期になった頃か…
  2. みずみずしい子ども達の体 ツヤのあるお肌を“みずみずしい”と表現しますね。適齢期を過ぎれば優れ…
  3. ようこそ、いらっしゃいませ! サイト運営者のたろ~と申します。 当サイトでは、コストや利便性な…

おすすめ記事

  1. オーストラリアは、世界一乾燥した大陸とも言われており、慢性的な水不足の問題を抱える地域の一つで、生活…
  2. ヨーロッパの国々では水道設備が普及しており、水資源にも恵まれているため、綺麗で安全な水を利用すること…
  3. 兵庫県の六甲山から採取される六甲の美味しい水は、長年にわたって美味しいミネラルウォーターとして親しま…
ページ上部へ戻る