中国の水事情

  • 2014/9/23

中国では約13億にも上る人口に対して、生活水や飲料水が供給されており、水質や衛生状態を改善するために大規模な投資が行われています。

とはいえ、未だに多くの人が改善された水資源を利用できず、改善された衛生設備を利用できていない現状があります。

経済や工業の発展と共に、水質汚染の問題は非常に深刻になっており、水不足や水道環境に大きな影響を与えています。

中国の大部分の地域では水道水が利用できるようになっていますが、直接飲むことはできず、飲料水は別に購入する必要があります。

 

中国の水道水

中国の大部分の都市では、水道水が整備されており利用できるようになっています。

中国の水が硬水であることに加えて、水質汚染の問題もあるため、飲料水としては利用できません。

ですから多くの家庭では、水道水以外に飲料水を購入するのが普通になっています。

水道水の汚染の問題を改善する努力がなされていますが、それでも一部の地域では、バクテリアや化学物質による汚染が広がっているという報道もあります。

地域によっては、乾燥のため水が不足していたり、地下水が高濃度のフッ化物とヒ素によって汚染されたりして、生活や健康に影響を及ぼしています。

中国の水道水は、不完全な処理で十分に浄化されていませんし、水道管の老朽化も進んでいますから、日本人は飲まない方が安全でしょう。

 

中国の水事情

中国で加湿器を数日ほど使ってみると、蒸気の出る口が汚れてきたり、少しの期間にわたって白い衣類を洗濯すると黄色くなってきたりするので、水の浄化が不完全である事が分かります。

とはいえ、中国の水道水が生活用水として特別に問題があるというわけではなく、10億人以上の人が普通に生活を送ることができています。

中国と聞くと全てが汚染しているというイメージがあるかもしれませんが、都市部の水道水であれば、衛生面での問題も改善されてきています。

観光旅行で訪れる際には、世界で水道水を飲み水として利用できる国は少なく、日本の水道の基準が高いことも忘れないようにしましょう。

日本人旅行客が中国の水道水を直接飲むと、硬水のためにお腹を壊すことがありますから、必ず購入したミネラルウォーターを飲むようにしましょう。

 

中国の今後の対策

中国政府は、より快適な生活環境で暮らすことができるように、良好な自然環境や水環境を目指して多くの対策を行なっています。

とはいえ、経済の急成長と、大気や水などの環境汚染の抑制という難しい課題に直面しており、水質や衛生の改善が思ったように進んでいないのが現状です。

世界20%の人口を抱えている一方で、世界全体の6%の水資源しか保持していないという現実があり、深刻な水問題を抱えています。

国連によると、中国は極端な水不足に直面する可能性があると警告されていますし、経済大国となった副作用で、揚子江の水が赤く濁っていたり、慢性的な干ばつに悩まされる深刻な状況も見られています。

子どものころに泳いでいた川が、汚染のために今では農業用水にも使えないほどになっており、今後の対策が必要とされています。

 

中国では、水質基準が他の先進国よりも低く、それが水道水の水質の悪さの原因となっています。

時には泥やサビの臭いを感じたり、茶色や黄色の色をしているように感じることがありますが、その理由は水質汚染だけではなく、下水処理施設や浄水場の設備レベルの低さが原因なのです。

また、中国の水道水はカルシウムやマグネシウムといったミネラル分が多い硬水のため、仮に安全な水だとしても、日本人が飲むとお腹を壊してしまいます。

慣れない水を飲んでしまうと下痢をしてしまうので、中国に行った際には水道水を飲まないようにして、ミネラルウォーターを購入して飲むようにしましょう。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 女性の美しさを支えているアイテムのひとつに、お化粧品があります。 一般的には適齢期になった頃か…
  2. みずみずしい子ども達の体 ツヤのあるお肌を“みずみずしい”と表現しますね。適齢期を過ぎれば優れ…
  3. ようこそ、いらっしゃいませ! サイト運営者のたろ~と申します。 当サイトでは、コストや利便性な…

おすすめ記事

  1. オーストラリアは、世界一乾燥した大陸とも言われており、慢性的な水不足の問題を抱える地域の一つで、生活…
  2. ヨーロッパの国々では水道設備が普及しており、水資源にも恵まれているため、綺麗で安全な水を利用すること…
  3. 兵庫県の六甲山から採取される六甲の美味しい水は、長年にわたって美味しいミネラルウォーターとして親しま…
ページ上部へ戻る