お試しでサーバーのお水を味わってみる

  • 2015/8/9

どのウォーターサーバーにしようか、あれこれ考えるときりがありませんよね。

「論より証拠」「物は試し」という言葉があるように、まずは実際にお水を飲んでみるのが一番です。

スーパーなどの試飲イベントを活用

しかし、ほとんどのウォーターサーバーメーカーには最低契約期間が設けられており、それ未満で解約をすると解約金を取られてしまいます。

ですので、いくら試しにといってもそう簡単に契約してはいけない代物なのです。

メーカーの方もそのあたりの事情は察しているのか、気軽にお水を楽しんでもらえるようにしています。

お店に行きますと、時折ウォーターサーバーのイベントを開催しているのを見たことがありませんか。

スーパーや家電量販店で実施しているケースが多いのですが、ここでは純粋にお水の味を堪能してみましょう。

もちろん、気に入ればその場で契約をしてもいいのですが、問題はこの手のイベントはほとんどが1社のみの出品ということです。

他のメーカーとの飲み比べができませんので、この段階で契約をしてしまうのは危険なように思えます。

お試しキャンペーンを利用する

ウォーターサーバーを選ぶ大きなポイントの一つが味なのは、いうまでもありません。

しかしそれ以外にも、電気代や使い勝手、音や設置スペースなどの問題をクリアしなければなりません。

そこで各メーカーでは、お試しキャンペーンを実施しており、お試しキャンペーンだけありまして無料で行われています。

お試しキャンペーンに申し込むと、ウォーターサーバーが運ばれてきて、運搬から設置までやってくれるのがほとんどですので楽ちんです。1週間無料というケースが多く、お水は12リットルボトル1本が主流です。

気に入ればそのまま契約してもいいですし、気に入らなければそのまま返却しても構いません。

お試しキャンペーンで見るべきポイント

お試しキャンペーンでは、まず味を見るのはもちろんです。

口にするものですから、その人の味覚と合っているかどうかは非常に重要なのです。

それ以外には、水の費用も考慮してみましょう。

1週間で12リットルボトル1本が無料なのですが、1週間でボトル1本使い切れるようでしたら問題ありません。ただし、1週間で半分も減らないようですと、ウォーターサーバー導入は慎重にならざるを得ません。

お水には1ヶ月の購入ノルマがある場合も多く、最低でも月2本といったところです。

1週間に半分も減らなければ、月2本のノルマは達成できないかもしれません。使い勝手の良さも見るべきでしょう。

お子さんのいる家庭では、うっかりイタズラしても大丈夫なチャイルドロックか、育ち盛りのお子さんでも使いやすい構造かなど。

サーバーの冷水や温水の温度を舌で実感するのもいいでしょう。

ウォーターサーバーは一度契約すると、1年程度は解約できないところがほとんどです。

ですので、サーバー選びは慎重にしたいところですが、パンフレットやホームページだけ見ていても始まりませんので、まずはお試ししてみましょう。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 女性の美しさを支えているアイテムのひとつに、お化粧品があります。 一般的には適齢期になった頃か…
  2. みずみずしい子ども達の体 ツヤのあるお肌を“みずみずしい”と表現しますね。適齢期を過ぎれば優れ…
  3. ようこそ、いらっしゃいませ! サイト運営者のたろ~と申します。 当サイトでは、コストや利便性な…

おすすめ記事

  1. オーストラリアは、世界一乾燥した大陸とも言われており、慢性的な水不足の問題を抱える地域の一つで、生活…
  2. ヨーロッパの国々では水道設備が普及しており、水資源にも恵まれているため、綺麗で安全な水を利用すること…
  3. 兵庫県の六甲山から採取される六甲の美味しい水は、長年にわたって美味しいミネラルウォーターとして親しま…
ページ上部へ戻る