お水を運ぶのは専門の業者?一般の宅配業者?

  • 2015/8/9

ウォーターサーバーのメリットといえば、重たいお水を自分で運ぶことなく玄関先まで業者さんが持ってきてくれること。

特にお子さんがいる方やお年寄り、女性の方にとってこのメリットは大きいのではないでしょうか。

しかし、具体的に誰がお水を運んできてくれるのかは、よく知らない方が多いようです。

お水を運んでくれるのは、専門の業者と一般の宅配業者がある

ウォーターサーバーのお水を運んでくれるのは、専門の業者と一般の宅配業者、大きく分けてこの2種類です。

大手ウォーターサーバーでも、どちらを採用しているかはばらばらで、アクアクララでは前者、フレシャスでは後者を採用しています。

一般の宅配業者とは、日ごろからお世話になっているクロネコヤマトや佐川急便などの宅配業者のことです。

これに対して、専門の業者はウォーターサーバーメーカーと専属の契約を結んでいております。

一般の宅配業者のメリット・デメリット

一般の宅配業者がお水を運ぶメリットとしては、幅広いネットワークがあることが挙げられます。

特にクロネコヤマトや佐川急便は、全国規模のネットワークを誇っています。配送エリアが限られることで、気になっていたお水が届けてもらえないなんてことも少なくありません。

しかし、全国規模の配送業者であればその心配はあまりありません。

また、日時指定にも柔軟に対応してもらえるメリットもあります。せっかくの新鮮なお水も、不在時に玄関先に置かれてしまってはちょっと心配ですよね。

配送業者ならば、不在伝票を入れて再配達してもらえます。デメリットとしては、お水のプロではないということ。

一般の配送業者で、お水の配達中に水が漏れてしまうというトラブルが起こっています。

そんな状態で宅配ボックスの中に入れてしまうケースも報告されており、一抹の不安はあります。

また、ウォーターサーバーメーカーごとに配送業者を指定しており、お気に入りの配送業者を指定することはできません。

専門の業者のメリット・デメリット

専門の業者にお水を運んでもらえるメリット、それはお水のプロであるということです。

例えば、アクアクララでお水を運ぶ人を「アクアクララポーター」といいますが、彼らにはお客様サービスの技術を競うコンテストのようなものが開催されています。

ですので、接客技術はもちろんのこと、ちょっとしたサーバーの不具合や不明点などはポーターが解決してしまいます。

また、ワンウェイボトルとリターナブルボトルの両方に対応できる点もメリット。

リターナブルボトルの場合、お水の宅配だけでなく空きボトルの回収もしなければなりません。

一般の配送業者ですとその分経費が掛かってしまいますので、ワンウェイボトルの割合が多いのですが、専門業者は喜んで回収にも来てくれますので、リターナブルボトルにも対応できます。

デメリットといえば、一般の宅配業者ほど柔軟な日時指定ができない点でしょうか。しかし最近では、それもかなり改善されています。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 女性の美しさを支えているアイテムのひとつに、お化粧品があります。 一般的には適齢期になった頃か…
  2. みずみずしい子ども達の体 ツヤのあるお肌を“みずみずしい”と表現しますね。適齢期を過ぎれば優れ…
  3. ようこそ、いらっしゃいませ! サイト運営者のたろ~と申します。 当サイトでは、コストや利便性な…

おすすめ記事

  1. オーストラリアは、世界一乾燥した大陸とも言われており、慢性的な水不足の問題を抱える地域の一つで、生活…
  2. ヨーロッパの国々では水道設備が普及しており、水資源にも恵まれているため、綺麗で安全な水を利用すること…
  3. 兵庫県の六甲山から採取される六甲の美味しい水は、長年にわたって美味しいミネラルウォーターとして親しま…
ページ上部へ戻る