ペットボトルのお水をそのまま使える「セルフサーバー」

  • 2015/8/9

ペットボトルとウォーターサーバーを比べた場合、一概にどちらが良いとは言い切れません。

ペットボトルのお水には価格の安さというメリットがありますし、ウォーターサーバーには優れた衛生面と熱湯が出る利便性があります。

ペットボトルとウォーターサーバーのいいとこどりができれば、それはまさに理想的ですよね。

ペットボトルのお水がそのまま使えるウォーターサーバーがある

そんな理想にかなり近い商品が、実はあるのです。

ペットボトルのお水をウォーターサーバーで使える商品なのですが、ウォーターサーバーの空のリターナブルボトルにペットボトルのお水を移し替えるような、そんな面倒なことはしません。

ペットボトルをそのままサーバーにセットできるのです。

その名も「セルフサーバー」です。

セルフサーバーのメリット

ペットボトルは、容量が大きければ大きいほど割安ですが、セルフサーバーは2Lのペットボトルをそのまま使えます。

日本国内で製造されているペットボトルなら、約9割に対応しております。

ペットボトルさえ対応していればいいので、例えばスーパーで無料で配っている「イオン水」などをペットボトルに入れて、それをセルフサーバーで使ってもいいですね。

しかも4本まで対応してくれるのですから、ウォーターサーバーの8Lボトルに匹敵しますね。12Lのボトルですと交換も重労働ですが、2Lボトルならば女性やお年寄りでも楽ちんです。

ウォーターサーバーは衛生面で非常に優れていますが、セルフサーバーも負けてはいません。

お水をサーバー内のタンクに注入するためには、外部の空気を取り入れる必要があるのですが、この際に外気の雑菌が混入するリスクがあります。

セルフサーバーの空気取り入れ口には、特殊なエアフィルターを備えているため、空気をろ過するような感じできれいな空気を取り込めるのです。

ちなみにこのフィルターは1年ごとの交換を推奨しており、一見すると頻度が多いようにも思えます。

しかし、レンタルウォーターサーバーのメンテナンスも年に1度というところがあり、頻度としては変わりありません。利便性ももちろんしっかりしています。

ウォーターサーバーのメリットである冷水と熱湯ももちろん出ますし、チャイルドロックを標準装備していますから、お子さんがイタズラをしても危険性は少ないです。

気になる価格は

メリットは十分すぎるほどある「セルフサーバー」ですが、気になるのはその価格。

セルフサーバーはレンタルではなく通常購入しますが、その価格はAmazonで24800円でした。発売当初から比べるとかなり安くなりましたが、それでも微妙に手が出ない金額です。

しかしよく考えてみると、お水の料金はペットボトルの方が半額近く安いわけですし、セルフサーバーを購入して1年間使用すれば、十分に元は取れてしまう計算になります。

レンタルの最低契約期間は1年としているところが多いので、契約を満了するならセルフサーバーがお得ということです。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 女性の美しさを支えているアイテムのひとつに、お化粧品があります。 一般的には適齢期になった頃か…
  2. みずみずしい子ども達の体 ツヤのあるお肌を“みずみずしい”と表現しますね。適齢期を過ぎれば優れ…
  3. ようこそ、いらっしゃいませ! サイト運営者のたろ~と申します。 当サイトでは、コストや利便性な…

おすすめ記事

  1. オーストラリアは、世界一乾燥した大陸とも言われており、慢性的な水不足の問題を抱える地域の一つで、生活…
  2. ヨーロッパの国々では水道設備が普及しており、水資源にも恵まれているため、綺麗で安全な水を利用すること…
  3. 兵庫県の六甲山から採取される六甲の美味しい水は、長年にわたって美味しいミネラルウォーターとして親しま…
ページ上部へ戻る