災害時にも役立つウォーターサーバー

  • 2015/8/10

日頃、飲み水や赤ちゃんのミルク、料理などに使っていただけるウォーターサーバーですが、実は災害時にも大いに役に立つのです。

災害用の備蓄水としてのウォーターサーバーのお水

ウォーターサーバーのお水は、安全性が高いお水です。

特にRO水は、不純物や雑菌をとことん排除していますので、安全性に関しては極めて高いです。

いわゆる「天然水」であっても、最近の類などはしっかりと除去してあり、お水を製造する工場も高い安全性を誇っています。

清潔な環境で作られたきれいなお水が、気密性の高い容器に入れられて宅配されるのですから、安全性はかなり高いもの。

災害が発生したとき、そのお水は非常用のお水としても大活躍します。災害時、1日に必要な飲料水は1人3リットルといわれています。

12リットルのお水を1か月に2本から3本宅配してくれるメーカーでしたら、1人ならば8日から12日、4人家族でも2日から3日分のお水にはなります。

それだけの日数しのげれば、あとは自治体の給水車が来て給水できるでしょう。

12リットルの空き容器があれば、それをもって給水車に行けますので無駄にはなりません。

停電時はサーバーは動かない場合も

しかし、災害時に停電になってしまった場合、どうすればいいのでしょうか。

お水をより冷たくしたり温めたりするには電気を使っていますので、停電になった時点でサーバーのお水は常温になってしまいます。

しかし、コックをひねる簡単な給水タイプで、しかも上部にタンクを設置するサーバーでしたら、停電時でもそのままサーバーを使っていただけます。

ただし、ボタンを押して給水するタイプだったりタンクが下部にあるサーバーの場合には、停電時にはサーバーから給水することはできません。

いざという時のためにコックを常備

停電してしまってサーバーが使えない状態であっても、サーバーからボトルを取り外して、そのままダイレクトに給水することもできなくはありません。

しかし、重いボトルをいちいち持ち上げて給水するのは結構大変ですよね。そんなとき、一部のメーカーではコックの販売やレンタルを行っています。

ボトルに直接取り付けてコックをひねればお水が出てきますので、通常のウォーターサーバーと同じような使い勝手です。

ボトルラックでボトルを斜めの状態にしておけば、より簡単に給水することができますよ。

優先供給してくれるメーカーも

そんな中注目を集めているのが、「良水市場」というウォーターサーバーメーカー。

このメーカーは、「災害時優先供給」という制度を実施しています。良水市場で定期的にお水を契約されている顧客が被災した際には、顧客に優先的にお水を配送してくれるのです。

東日本大震災の際にも、スーパーからお水が消えてしまったということがありました。

特に車を持たないお年寄りにとって、お水のケースのまとめ買いは簡単なことではありません。

命の源であるお水ですので、万が一の時に優先的に配送してくれる制度は、非常にありがたいですね。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 女性の美しさを支えているアイテムのひとつに、お化粧品があります。 一般的には適齢期になった頃か…
  2. みずみずしい子ども達の体 ツヤのあるお肌を“みずみずしい”と表現しますね。適齢期を過ぎれば優れ…
  3. ようこそ、いらっしゃいませ! サイト運営者のたろ~と申します。 当サイトでは、コストや利便性な…

おすすめ記事

  1. オーストラリアは、世界一乾燥した大陸とも言われており、慢性的な水不足の問題を抱える地域の一つで、生活…
  2. ヨーロッパの国々では水道設備が普及しており、水資源にも恵まれているため、綺麗で安全な水を利用すること…
  3. 兵庫県の六甲山から採取される六甲の美味しい水は、長年にわたって美味しいミネラルウォーターとして親しま…
ページ上部へ戻る