停電時でもウォーターサーバーは使えるか

  • 2015/8/10

最近のウォーターサーバーは、非常に高機能なものが増えてきています。

内部を自動的にクリーニングすることでメンテナンスを必要としないサーバー、お湯や水の温度を何段階にも調節できるサーバーなどがあります。

従来型サーバーなら停電時も使用可能

しかし、ウォーターサーバーの機能が高くなればなるほど、電気なしでは動かすことができません。

サーバーでお湯を沸かすためには、ガスではなく電気が必要ですし、内部を自動的にクリーニングするためにも電気は必要です。

よく、万が一の常備水としてウォーターサーバーのお水を置いておく方がいますが、もし停電をしたらどうなるのでしょうか。

従来型のウォーターサーバー、つまりお水のボトルをサーバーの上部にセットするタイプで、コックをひねって使用するサーバーであれば、万が一停電をしてもそのまま使用可能です。

もちろん、電気が通ってなければ冷たいお水はぬるくなりますし、熱いお湯は冷めていき、より常温に近づいていきますが。従来型サーバーであっても、冷温機能を使うことで雑菌の繁殖を最小限に抑える役割を果たしています。

ですので、電気代がもったいないからといってサーバーの電源を切って常温で飲むのは、あまりおすすめできません。

お湯がほしいのであれば、ガスなどを使って煮沸をしてから飲むといいでしょう。

高機能サーバーは電気がないと使えない

従来型サーバーならば停電しても常温で使うことができますが、高機能サーバーになると停電すればまず使えなくなってしまいまう。

高機能サーバーの中には、コックをひねってお水を出すのではなく、ボタンを押してお水を出すタイプがあります。これですと、停電時にボタンを押してもお水は一切出てきません。

また最近では、サーバー上部ではなく、サーバー下部にボトルやバッグをセットするサーバーもあります。

重いお水を上に持ち上げなくてもいいメリットはありますが、このタイプも停電時にはお水を使えません。上にセットしてあれば水は自然と下に落ちてきますが、下にセットしてあるお水を上に持ってくるためには、、電気でお水をくみ上げなければならないからです。

高機能タイプのサーバーを導入する際には、万が一の対策も検討しなければなりません。

サーバーを使わなくてもお水を楽しめるグッズ

宅配で利用しているお水を停電時でも利用したいのであれば、サーバーメーカーで販売している各種用品を使うのも手です。

ボトルの先端にセットできる簡易型のコック、そしてボトルを据え付ける台をセットで販売しているメーカーがあります。もちろん、この用品には冷温機能などはありませんので、常温で使用することとなります。

しかし、電気を使わずに持ち運びも便利なため、停電時の予備としてももちろん、アウトドア時に使っている方も増えています。

キャンプやバーベキューでの料理や飲み水、そして手洗い用のお水としてマルチに活躍してくれます。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 女性の美しさを支えているアイテムのひとつに、お化粧品があります。 一般的には適齢期になった頃か…
  2. みずみずしい子ども達の体 ツヤのあるお肌を“みずみずしい”と表現しますね。適齢期を過ぎれば優れ…
  3. ようこそ、いらっしゃいませ! サイト運営者のたろ~と申します。 当サイトでは、コストや利便性な…

おすすめ記事

  1. オーストラリアは、世界一乾燥した大陸とも言われており、慢性的な水不足の問題を抱える地域の一つで、生活…
  2. ヨーロッパの国々では水道設備が普及しており、水資源にも恵まれているため、綺麗で安全な水を利用すること…
  3. 兵庫県の六甲山から採取される六甲の美味しい水は、長年にわたって美味しいミネラルウォーターとして親しま…
ページ上部へ戻る