就寝前後におすすめな正しい水の飲み方

  • 2014/10/7

おいしい水を健康的に飲むなら、就寝前後のタイミングがおすすめです。

寝る前と起きた後の時間に飲む水は宝水と言われるほど、健康の効果を期待することができます。

就寝前後に飲むと太りやすいとか、トイレに行きたくなると考える方もいますが、体の水分に対する正しい知識を身に着け、適切な飲み方をすると、むしろ就寝前後に水を飲むのが良いことが理解できるようになります。

逆に水をがぶ飲みしてしまうと、顔がむくんだりする原因になることもあります。

ここでは、就寝前後におすすめな正しい水の飲み方について考えてみましょう。

 

就寝前におすすめな水の飲み方

寝ている間に呼吸をしたり汗をかいたりして、体内の水分がかなり失われています。

体内の水分が失われると血液濃度が濃くなってしまい、心筋梗塞や脳梗塞などを引き起こすリスクが高くなってしまうため、寝る前に水を飲んで予防することができます。

寝る前に水を飲むと顔がむくんでしまうのが心配であれば、寝る30分ほど前に飲むようにすると良いでしょう。

コップ一杯くらいの量にして、がぶ飲みしないようにすれば大丈夫です。

また、寝る前なので冷たすぎる水ではなく、常温や10度前後の水を飲むことができます。

夜寝る前にを腹部へ集める効果があり、リラックスして睡眠効果をもたらします。

寝る前の時間は体が疲れていて酸性になっていますから、アルカリ性の水を飲んでリラックスすることもできるでしょう。

このように、寝る前に一杯の水を飲むことで、健康と睡眠に大きな効果を得ることができるのです。

 

起床後におすすめな水の飲み方

朝起床したら、まずはコップ1杯の水を飲むことで、寝ている間に体から失われた水分を補給することができますし、水を飲むことで感覚がシャキッとして目覚めさせてくれます。

朝起きたばかりの時間は、血液の濃度が高くなっており酸欠状態でどろどろになっているので、アルカリ性で中硬水の水を飲むことで、体調を整えることができます。

朝起きてすぐに冷たい水を飲むのが苦手という方であれば、10度前後の水を飲むようにすると、体に負担をかけずに目を覚ますことができます。

朝起きたばかりなので、一気にがぶ飲みするのではなく、ゆっくり飲むようにしましょう。

便秘を解消したい方であれば、冷たい朝起きてから水を飲むようにすると、水分補給ができるだけでなく、排便リズムを整えることができて病気予防の効果を得ることができます。

 

就寝前後にオススメな正しい水の飲み方

就寝する30分ほど前に、アルカリ性の軟水をコップ1杯ほどを目安に飲むと、健康的に水分補給をすることができます。

寝る前に水を飲むと、顔がむくんでしまうのが心配な方は、水を飲むタイミングと量に注意をすると、むくんだように感じなくなります。

夜中に寝ている時でも、枕元にペットボトルの水を置いておくと、のどが渇いた時に定期的に水分補給をすることができます。

朝起きたらすぐに10度前後の水をコップ1杯ほどを目安に、アルカリ性の中硬水を飲むのが健康的です。

寝起きに水を飲むようにすると、寝ている間に失われた水分補給をすることができます。

 

人間の体の約60%は水分でできていますから、十分に水分補給をすることで、体内に必要な水分を維持して体調を整えることができます。

寝る前に水を飲むとトイレに行きたくなるのが心配な方もいるかもしれませんが、きちんと水を飲んでおくほうが病気を予防することができておすすめです。

のどが渇く前に定期的に水分を補給するのがおすすめですが、年齢と共にのどの渇きを感じにくくなるので、のどが渇いていなくても水を飲む習慣を身に着けておくと、より健康的に若さを保つことができます。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 女性の美しさを支えているアイテムのひとつに、お化粧品があります。 一般的には適齢期になった頃か…
  2. みずみずしい子ども達の体 ツヤのあるお肌を“みずみずしい”と表現しますね。適齢期を過ぎれば優れ…
  3. ようこそ、いらっしゃいませ! サイト運営者のたろ~と申します。 当サイトでは、コストや利便性な…

おすすめ記事

  1. オーストラリアは、世界一乾燥した大陸とも言われており、慢性的な水不足の問題を抱える地域の一つで、生活…
  2. ヨーロッパの国々では水道設備が普及しており、水資源にも恵まれているため、綺麗で安全な水を利用すること…
  3. 兵庫県の六甲山から採取される六甲の美味しい水は、長年にわたって美味しいミネラルウォーターとして親しま…
ページ上部へ戻る