浄水器を選んで美味しい水を飲もう

  • 2014/10/7

日本では水道水が厳しい基準により管理されていますから、水道水の水をそのまま飲むことができます。

とはいえ水道水は水道管やタンクを通るため、どうしても不純物が入ったり、サビなどが含まれることがあります。

また水道水を塩素消毒をするためにカルキ臭やカビ臭を感じることもあります。

そのため水道水に浄水器を取り付ける家庭が、ますます多くなってきました。

でも実際に浄水器を購入しようと思うと、種類や値段が色々でどれを購入すればいいのか迷ってしまいますよね。

ここでは浄水器が必要とされる理由だけでなく、浄水器の上手な選び方についても考えてみましょう。

 

浄水器が必要な理由

最近ではスーパーやコンビニでも、気軽にペットボトルのミネラルウォーターを購入できるようになっていますが、毎日のように買うのは経済的ではありません。

できれば家庭の水道から安全で綺麗な、美味しい水を飲めるとうれしいですよね。

家族みんなが安心して美味しい水を飲んで欲しいですから、浄水器を取り付けようと考える人も多くなっています。

また使う水によって、コーヒーの味や料理の味が変わりますから、無味無臭の水を味わうために浄水器を取り付ける人も少なくありません。

水は毎日の生活に欠かせないものですから、いつでも安心できる美味しい水が飲めて健康が維持できるってうれしいですよね。

毎日2リットルほどの水を飲むのが良いと言われていますし、水道水に含まれている塩素や鉛が、野菜や米のビタミン成分を壊したり、髪や肌のタンパク質を破壊することがありますから、浄水器を取りつけるには多くの理由があるのです。

 

選べる浄水器の種類

最近では、様々な種類の浄水器が販売されています。

大きく分けると2種類ありますが、一つは蛇口直結型といって蛇口に直接取り付けるタイプの浄水器です。

もう一つは水道の根元に取り付けるタイプの大きな浄水器があります。

多くの家庭で使われているのは蛇口直結型の浄水器ですが、取り付けがしやすくて値段も安いので購入しやすいのが特徴です。

その代わりに、定期的にカートリッジフィルターを交換する必要があります。

フィルターを通して不純物を取り除くタイプの浄水器が主流ですが、中にはアルカリイオン水を生成できる浄水器もあります。

不純物や塩素を取り除けるのはもちろんのこと、健康や美容のためにアルカリイオン水を飲むことができます。

浄水器には高価なものから安価なものまであり、機能も様々なに異なりますから、浄水器をつける目的や値段に応じて最適なものを選ぶようにしましょう。

 

浄水器を使う時の注意点

浄水器を購入すれば自然に水が綺麗で、美味しくなるというわけではありません。

浄水器が本当に効果があるのかどうかを、しっかりと確かめるようにしましょう。

特に注意が必要なのは、カートリッジフィルターの交換を定期的に行なうことです。

いくら効果のある浄水器を購入しても、フィルターの交換をきちんとしていないと、水道水の浄水ができなくなるだけではなく、逆に安全ではない水になってしまう可能性があります。

ですから浄水器を購入して利用する際には、カートリッジの交換ができるかどうか、費用はどのくらいかかるのかを計算するようにしましょう。

中には水道の勢いが速すぎると浄水ができないフィルターもありますから、購入する前にしっかりと確認しましょう。

 

このように浄水器を取り付けることで、より安心できる水を利用できるようになります。

毎日2リットルほどの水を飲むのが良いと言われていますし、飲み物や料理の味も良くなりますから、浄水器を取り付けるだけの価値が十分にありそうですね。

浄水器を取り付けてから、定期的に水を飲むようになって、健康や美容を維持できるようになったという方は多くいます。

美味しい水を飲むためにも、浄水器の購入を検討してみてはいかがでしょうか。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 女性の美しさを支えているアイテムのひとつに、お化粧品があります。 一般的には適齢期になった頃か…
  2. みずみずしい子ども達の体 ツヤのあるお肌を“みずみずしい”と表現しますね。適齢期を過ぎれば優れ…
  3. ようこそ、いらっしゃいませ! サイト運営者のたろ~と申します。 当サイトでは、コストや利便性な…

おすすめ記事

  1. オーストラリアは、世界一乾燥した大陸とも言われており、慢性的な水不足の問題を抱える地域の一つで、生活…
  2. ヨーロッパの国々では水道設備が普及しており、水資源にも恵まれているため、綺麗で安全な水を利用すること…
  3. 兵庫県の六甲山から採取される六甲の美味しい水は、長年にわたって美味しいミネラルウォーターとして親しま…
ページ上部へ戻る